吉祥寺エリアHP口コミNo.1。安心の施術料返金保証。子連れOK!土日祝も営業。駐車場完備。内閣府認証日本カイロプラクター認定機構認定院
患者様からの喜びの声 150名突破 安心の施術料返金保証 吉祥寺エリアHP口コミNO1 子連れOK 土日祝も営業 駐車場完備 内閣府認証日本カイロプラクター認定機構認定院

院長の紹介

免許

ごあいさつ(当院のこだわり)

はじめまして!みやびカイロプラクティック療院の冨士本です。

最初に私のこだわりについてお話します。

 常日頃からどうしたら、患者さんの身体が早く改善するのか?常にそのことを考えて、施術にあたっています。

さまざまな勉強会に参加しながら、患者さんに効果があると思ったことは、どんどん取り入れていくというのが、私の考えです。

そのためテクニックもガンステッドテクニックだけではなく、今までに多くのものを取り入れ、患者さんの症状に合わせた、施術方法を選択して治療を行っています。今では痛みの部位・症状に合わせて、さまざまなのテクニックを使用し効果を出しています。

出来るだけ患者さんに体の変化を感じていただき、同時に驚きと感動を提供出来ればと日々努力しています。

おかげさまで、かなり辛い症状、例えば、首が回らないなどでも、わずか数分で首が回るようになり、驚きと感動で帰られた患者さんもたくさんいらっしゃいます。

一つのものに「こだわらない」・・・それが「こだわり」です。

そしてそのやり方によって、今までに多くの患者さんの症状を改善しております。
自信をもって施術させていただきますので、お体にお悩みを持った方は何なりとご相談下さい。

もうひとつは、とにかく気軽に話せる先生を目指しております。
病院の先生って、いろいろ質問をするのって勇気が要りますよね。
そういう変なオーラは作りません。完全な庶民派です(笑)

どんな質問でも、気持ちよくお応えしていきます。
どうぞお気軽に話しかけてくださいね。

 

私の簡単な経歴をご紹介します!

1974年8月31日生まれ 大阪出身(42才)
関西学院大学卒、その後大手住宅メーカー、NPO職員を経て、カイロプラクティックに出会う。カイロプラクティックの専門学校を卒業後、治療院勤務を経て、現在にいたる。

NPO職員時代には、船で世界40カ国以上を回り、世界各国の人との出会いから人生観が大きく変わる。プライベートでは2004年に結婚。

2008年11月5日に長男が誕生。今は子育てに奮闘中。趣味は料理、旅行、映画・ドラマ鑑賞、お笑い、カメラなど。特技はモノマネ、パントマイム。今一番幸せを感じるのは子供と遊んでいるときです。

さてここではさらっと経歴をご紹介しましたが、興味を持っていただいた方は下記の「院長のおいたち」をご覧くださいね。

 

院長の生い立ち

ここでは、少しでも私という人間を皆さんに知っていただくために、私の生い立ちをお話したいと思います。どんな人間なのか?少しでもご理解いただいた上で来院いただければ幸いです。

 

幼少時代

 1974年8月31日大阪の吹田市というところで生まれました。幼少のころは近所のお姉さんたちに可愛がられていたそうです。小学校に入ると、あだ名が付けられました。「にこちゃん」でした。

いつもにこにこ笑っていたので、このあだ名がつきました。今もどちらかというとニコニコすることが多いですね。怒られている時にも、真剣な顔が出来ず注意を受けたこともありました(笑)

 

学生時代

 小学校の高学年になると、いわゆるクラスの人気者?になっていきました。自分でいうのもなんですが、このころが一番のモテ期ですね(笑)

6年生になったときは児童会の役員をしたり、運動会の応援団長をしたりバスケットボールクラブのキャプテンをしたりと、とにかく目立ちたがり屋さんでした。

 中学校に入ると、小学校とは真逆の性格になっていきます。急に異性を感じはじめるんですね。思春期の僕にとっては、本当は女の子としゃべりたいんですが、恥ずかしくて、何をしゃべったらいいのかわからない。

中学3年間はほとんど女の子をしゃべらない状態でした。それが後々回復するまでには時間がかかりましたね。

このころはとにかく負けず嫌いで、勉強にスポーツに友達と競いましたね。バスケットクラブではキャプテンをしていましたが、チームは弱かったです(笑)

 大学受験ですが、見事に落ちてしまい浪人時代を迎えます。しかしこの浪人時代は勉強一筋でしたね。あとがありませんから。とにかく頑張って無事大学に合格。とりあえずホッとした瞬間でした。

 

大学時代

大学生活はと言うと、親には申し訳ないんですが、勉強はあまりせず、バイト三昧でした。当時はホテルの配ぜんのバイトをしていたんですが、そこで結婚式を中心に、パーティー、その他飲食店などいろいろな接客業の経験を積んでいきました。

 

無事就職、しかし…

そして就職、自分が希望していた住宅メーカーに就職が決まり、これで一生安泰だぁ~なんて思ってました。

ところが、実際仕事をはじめると、これが大変で、毎日朝から夜中まで仕事が続くわけです。このころあまりのしんどさに、今から思うと、一種のうつ状態になっていたかもしれません。

車に乗っていて、ふと、死んだら楽かなぁと思ってしまったことがありましたから。結局、一生安泰と思っていた仕事はわずか1年半で終わりました。

 

人生の転機「地球一周の船旅」

ここで僕は人生の転機を迎えます。街でふと目にしたポスター。「地球一周の船旅98万」と書かれていました。何気に電話したら、説明会に呼ばれ、そのまま参加することになったんです。

 地球一周を経験したときに、人生の価値観がガラッと変わりました。今までは自分を飾ることで、自分を良くみせようとしていました。

しかし、ここで出会った人たちは、年齢も違うし、考え方もさまざまで、そんな中で、ありのままの自分を出していくことが一番だと思うようになりました。

お金や名誉を求めていた時期がありましたが、それだけが幸せではないと気づきました。そのころの僕は本当にのびのびしていて、幸せを感じていました。

 その後、この地球一周を主催するNPOのピースボートスタッフに誘われます。僕も今後何をしていこうかまだ決まっていなかったので、快諾しました。

そこからスタッフをはじめ、トータル地球を3周半。とてもいい経験をすることが出来ましたね。

 このピースボート時代に得たものというのは、過去の人生の中で一番大きかったと思います。まずいろんな世代の人と知り合う機会を得ることで、自分の器が少し大きくなった気がします。

どんな人でも話が出来るようになりました。このころには、女の子ともおしゃべりが上手に出来るようになってましたね(笑)

また世界を見て、その世界のいろんな人の生活を垣間見て、今までの日本だけを見ていた価値観が変わりました。また改めて日本の良さ、そして日本の問題点などが見えてきた気がします。

 

 カイロプラクティックとの出会い

その後カイロプラクティックに出会います。ではなぜこの仕事をしようとしたのか?実はこれもピースボートでの出会いがきっかけでした。当時客船に乗り、いろんな方と語り合う機会がありました。

その中に治療家の方がいたんです。その方と知り合い、人を健康にする素晴らしさを教えて頂きました。もちろん僕も実際に体に触れてもらい体験しました。

衝撃的でしたね。こんな仕事があるんだって。その時はじめて気づきました。その後、仕事を考えるにあたり、人の健康にたずさわる仕事というのが、僕の中で大きくなっていきました。

 

恩師との出会い

 僕は当時付き合っていた今の妻と、カイロプラクティックや整体の学校を見て回りました。そこで今の恩師と出会います。これがまた衝撃的でした。

この先生のカイロプラクティックでの施術は、他にない感動がありました。すごいの一言でした。自分もこんな先生になりたいと思いました。

本当に少人数の学校でしたが、ここなら将来活躍できる治療家になれると確信しました。

 その後、4年の勉強期間がありました。日々、テクニックや、解剖学などの座学で楽しくもあり大変な4年間でした。おかげでいろんなことを学ぶことが出来ました。

 

結婚

 実は僕が結婚したのは、仕事が軌道に乗ってからではありませんでした。カイロプラクティックの専門学校に通っている時に結婚しました。普通では考えられませんよね。

収入はアルバイトをしていましたが、そのお金は将来の開業資金にためていましたから、実際には妻に食べさせてもらっていました。でもそんな状況でも妻は僕を支えてくれて、応援してくれました。

先の見えない不安があったにも関わらず、信じてくれていたんだと思います。そのおかげで妻には全く頭が上がりませんね(笑)

 

施術家として

その後、先輩のところでの修行を経て、今の治療院を開業するわけですが、すんなりうまくいくわけではありませんでした。最初はマンションの一室でスタートしました。

看板はなく、最初はチラシとホームページのみでした。暇な時間だらけだったので、早朝の弁当屋さんでバイトをして、空いている時間には、近所にチラシをまいていました。

その頃は、車を使って往診もしていました。折りたたみのベッドを運ぶのは大変でしたが、このころの苦労があったからこそ今がある気がします。

 

苦悩の連続が待っていました

 そんな生活を1年ほどして、ようやく軌道に乗って来て、店舗を新たに出す決断をしました。

しかし新規の患者さんは徐々に増えて行くものの、最初のうちはなかなか患者さんが定着しませんでした。今から思えば、その頃はテクニックが未熟で、患者さんの満足度も決して髙いものではありませんでした。

このままでは、新規の患者さんが途切れれば経営的に厳しいことは明らかでした。この状況を何とか打破していかないといけないそんな思いで、日々苦悩の連続でした。

 

新たな技術の習得へ

カイロプラクティックの矯正の効果については、絶大な自信がありました。しかし、それだけでは全ての人に満足してもらえないということもわかってきました。

そこで、カイロプラクティックにこだわらず、様々な技術を学びました。ここではお伝え出来ないほど、数多くの勉強会にも参加し、患者さんを治せる技術を習得する努力を重ねました。

その頃から、徐々に患者さんの満足度が上がり始めました。通院してくださる患者さんも増えてきました。それがまた自分の自信にもつながっていきました。

 

感動していただきたい

今もテクニックに対する情熱は全く冷めていません。常に患者さんに満足していただけるように、日々技術の向上を目指しています。

以前は、とりあえず体が楽になってもらえば満足していました。もちろんそれが私の仕事です。

しかし今は更にその上、つまり感動していただきたいという気持ちで施術にあたっています。今までに体験したことがない、施術、驚き、感動を与えられるように頑張っています。

 

自分のレベルに合った患者さんが集まってくる

この言葉は私の師匠が、学生時代に教えてくださった言葉です。最初の頃、つまり治療家になったばかりの未熟な頃は、簡単な患者さんしか集まってこない。

しかし自分のレベルが上がれば、どんどん難しい患者さんが集まってくるという話でした。

今、どんどん難しい患者さんが当院には訪れます。他でもなかなか良くならない、もう一生治らないと諦めている方など。そんな難しい患者さんに対しても結果を出せるようになってきました。

それがまた更に自分の自信にもつながりました。今ではわざわざ何時間もかけて東京都以外からの来院者も増えてきています。

 

多次元操体法との出会い

いろいろな手技を学んでいく中で、自分は一体何を極めて行けばいいのだろうか?と自問自答するようになりました。カイロプラクティックはもちろんですが、それ以外の何かを探していました。

そして遂に出会ったのが、仙台の上川名先生が教えられている『多次元操体法』でした。

元々ある操体法というものを更に進化させたとでも言えばいいでしょうか、ほんのわずかな動きで体が変化するのです。

この先生の元には全国各地から、素晴らしい先生方が集まってきます。そこに今現在も学びに通っています。おそらく今後も定期的に仙台で学び、皆さんに素晴らしい多次元操体法をお伝えしていければと思っております。

 

自分の目指すべきもの

今までにもたくさんの患者さんを施術してきましたが、やはり一番嬉しいのは、本当に心から感謝していただける瞬間です。私に出会ったことで、その方の人生に笑顔と安心を与えることができて、より良い人生を歩んでいただける喜びです。

ただ単に症状を改善させるだけではなく、人の人生にすばらしい影響を与えられるような、そんな治療家を常に目指して頑張っていきたいと思っております。

ということで、最後まで読んでいただきまして本当にありがとうございます。感謝いたします。皆さんとの出会いが素敵な出会いとなるよう心から願っております。

 

 

営業時間・当院の周辺地図・当院の様子

予約電話番号

 

みやびカイロプラクティック療院

〒177-0053
東京都練馬区関町南2-21-8コーポ栗原1階
電話番号 03-5991-9148

吉祥寺駅からの距離 1.5km 

このページの先頭へ