吉祥寺エリアHP口コミNo.1。安心の施術料返金保証。子連れOK!土日祝も営業。駐車場完備。内閣府認証日本カイロプラクター認定機構認定院
患者様からの喜びの声 150名突破 安心の施術料返金保証 吉祥寺エリアHP口コミNO1 子連れOK 土日祝も営業 駐車場完備 内閣府認証日本カイロプラクター認定機構認定院

腰痛でお困りの方へ

腰痛でお困りの方へ 吉祥寺の当院には慢性的なツライ腰痛をしっかり改善させていく施術方法があります。一向に改善しない整体やマッサージにまだ通い続けますか?

当院では腰痛の施術は肩こりと共に最も得意としています。10年以上慢性的に辛い方でも、1回の施術でもしっかり変化を感じられる方がほとんどです。いろいろ整体には行ったが良くならずあきらめている。そんな方をお一人でもお救い出来ればと思っています。吉祥寺整体をお探しの方は是非当院の施術をお試しください。

 

当院の腰痛の施術はここが違います!

こんなことでお悩みではありませんか?

  • 腰痛をマッサージでしのいできたが、一向に改善しない。
  • 湿布を貼っても腰痛が改善しない。
  • 朝起きた時、腰が痛くてしっかり動けない。
  • 常に腰が重く、前かがみや反らすと腰がつらい。
  • 以前ぎっくり腰をしてから、慢性的に腰が痛い。
  • 腰が痛くて、お尻や脚にしびれや痛みが出ることもある。

こんな症状でお悩みの方!当院にお任せください!当院の施術は1回で確かな効果を実感出来る整体です。

腰痛でご来院されている方からこんな喜びの声をいただいています。

腰痛を受けられた方からの嬉しい声

腰痛でお悩みだったお客様の「喜びの声」はこちら

 

なぜ腰痛の85%は原因不明なのか?その真実とは!

 

現在厚生労働省が出しているデータでは、実に85%が非特異的腰痛と位置づけています。つまり原因不明の腰痛が85%にも及んでいるということです。

 

言い方を変えれば、腰痛をお持ちの方の85%の人を整形外科では原因がわからないので、改善しませんと言っているのです。

 

しかし本当にそうなのでしょうか?実は原因不明とされている腰痛ですが、本当は必ず原因があるのです。ではなぜ整形外科では、腰痛の原因を特定出来ないのでしょうか?

 

大きな問題は整形外科では痛みのある患部しかみていないという点です。

 

考えてみてください。腰が痛くなって、整形外科に行くと必ずレントゲンを撮ります。おそらく痛くなっている腰部を中心に撮って、「特に骨には問題がありませんね」と言われる方がほとんどです。

 

しかし原因が患部にあることは実はまれなのです。驚かれましたか?

 

腰痛の原因は臀部(お尻)の筋肉にあったり、股関節周辺、足首など下肢にあったり、あるいは首や手、腕などにあることも多々あります。また筋肉、そして筋肉を覆っている膜である筋膜により、体全体の筋肉や筋膜がつながっているので、一箇所問題が起こると、そこにつながりのある所に痛みなど発生したりするのです。

 

患部しかみないから、原因がわからないのは当然のことなのです。

 

そしてもう一つは整形外科ではレントゲンやMRIにて、骨や神経などを見ても、筋肉を見ていません。しかし腰痛のような体の痛みは筋肉で起こっているのです。筋肉を見ず原因がわかるわけがないのです。

 

腰痛で整形外科に行かれた方のほとんどは、原因不明と診断され、シップや痛み止めを処方され、院内では患部へのマッサージ、ホットパックで患部を温めたり、電気を流したりなど。それではいつまで経っても腰痛は改善しないのです。

 

当院では、まず痛みの原因を特定していきます。もちろん1箇所だけに問題が起こっているのではなく、複数の箇所に問題が起こっている場合がほとんどなので、それを適格に判断し、施術することで、腰痛を改善させていくことが可能なのです。

整形外科で「もう歳だから仕方ない」「腹筋を鍛えないと」「適度な運動をしてください」「ストレスが原因ですね」など全く諦める必要はありません。

 

もう無駄な時間とお金は使わないでください!諦める前に是非当院にお任せください。

 

 

当院の腰痛に対する施術

当院では主に吉祥寺近辺にお住まいで背骨、筋肉の問題で起こっている腰痛に対処させていただいています

当院では、2種類のアプローチによって腰痛を改善させていきます。

 

①筋肉・筋膜に対するアプローチ 

腰痛にはさまざまな筋肉が関係しています。腰に原因があることは少なく、お尻、太もも、お腹、首の筋肉など、さまざまな筋肉の問題で腰痛が起こります。

その他にも股関節や、足首、膝の問題から腰痛が発生することもあります。

腰痛の原因と考えられる全ての筋肉を調整していきます。

ただしそれらの筋肉を一つ一つほぐしていくわけではありません。当院では多次元操体法という施術により、筋肉を連動させて一度にさまざまな筋肉に変化を起こしていき、体のバランスを整えていきます。

 

②骨格矯正によるアプローチ

腰痛の場合、主に腰椎と言われる腰の骨にゆがみが起こっている場合と、骨盤に問題が起こっているケースが考えられます。

そこで当院では、どこに問題が起こっているかをしっかり判断し、そこを骨格矯正していきます。

当院では腰痛に対し、筋肉、骨格の両面からの施術により、より高い効果をあげています。

なかなか良くならない腰痛をお持ちの方は、是非一度当院の施術を体験してみてください。きっと効果を実感していただけると思います。

 

まだ結果が出ないマッサージや整体、整骨院に通い続けますか?

あなたの通っている整体や整骨院では、どのような施術をされていますか?

もし腰痛だからといって、腰中心にマッサージしたり、ストレッチしたりしているようであれば、そこはあまりお勧め出来ません。筋肉は全てつながっているので、腰痛の原因が腰に無い可能性もあるからです。

当院ではお客様の体をみながら、痛みの出ている筋肉に関連している筋肉をきちんと調整していきます。

これは特定の筋肉を調整するというよりは全身の筋肉の調整を行うと言った方が正しいかもしれません。直接腰に触らなくても、腰痛は改善出来るものなのです。

もし何度通っても、腰痛が楽にならないと思われているのであれば、原因を見過ごされている可能性が高いと思われます。

当院では、ほとんどのお客様の腰痛が楽になられています。是非お試しください。

 

腰痛も痛む場所によって原因も違ってきます。

実は腰痛と言っても原因がいろいろあります。

あなたの腰痛は、具体的にどの辺りが痛いですか?

  • 左右どちかが、特に痛みを感じる。
  • お尻周辺の筋肉が硬く痛みを感じる。
  • 腰痛と共に肩の高さも左右違ったり、脚の長さが左右で違う。
  • 脚を組んだ時に、組みやすい方がある。

これらの腰痛は骨盤のゆがみが影響していることが考られます。

 

  • 腰を前かがみにすると辛い。

腰だけでなく、太ももの後ろや側面の張りが強い可能性があります。また腰の靭帯が縮んで硬くなってしまっていることもあります。

 

  • 腰を反ると痛みが出る。

腰だけではなく、骨盤の歪みがあったり、お腹の筋肉もはっていたり、太ももの前の筋肉が強くはっているかもしれません。

 

それ以外にもいろんなパターンが考えられますが、

一概に腰痛だから、腰の筋肉だけを緩めれば改善するという単純なものではありません。

人それぞれ腰痛の原因が違います。でも一般の方には、その原因がわかりません。原因がわからないまま、とにかく適当に揉んだり、叩いたりしても、一向に改善しません。ここはプロである私にお任せください。

腰とは字のごとく、「体の要(かなめ)」です。健康で快適な生活を送るためには、しっかりといい状態を保っていくことが一番なのです。

 

腰痛で注目すべきポイントは?

①(膝裏のコリ

②(ふくらはぎ)

③(太ももの外側)

④(足首)

⑤(大腰筋・腸骨筋)

⑥(股関節)

 

股関節の問題も腰痛に大きく影響します。

実は股関節の可動域の制限が腰痛にかなり影響することがわかっています。

前屈運動をする時に体が硬い人は手が床に付きません。これは体が硬いというよりも、股関節の可動域が少ない状態だと言えます。

股関節の可動域が少ないために、前屈する際に腰椎(腰の骨)に負担をかけてしまいます。

逆に股関節の可動域が十分ある人は、前屈する時でも腰椎に負担がかかりにくいのです。これは前屈だけではなく、腰を左右に捻る際にも同じことが言えます。

当院ではこの点に注目し、必ず股関節の動き、歪みをチェックしています。

皆さんの通われている整体では股関節は確認されていますか?股関節の問題を見逃してしまうと、腰痛がうまく改善しないことがありますのでご注意ください。

また腰痛もあるけれど、股関節の痛みも気になるという方は是非こちらも参考になさってください → 股関節痛でお困りの方へ

 

整形外科で病名をつけられたとしてもお任せください!

先ほど腰痛の85%が原因不明というお話をしましたが、ではそれ以外の15%はどうなのか?

例えば、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、すべり症、坐骨神経痛など。腰痛だけではなく、下肢へのシビレが出ているケースもよくあります。

実はこれも問題は同じです。レントゲンで骨に問題が起こっているという見解で、それが神経を圧迫してシビレなどを起こしているということですが、そもそも骨自体には、自ら歪んだりする力はありません。

ではなぜ骨が歪んだりするのか?それは骨に付着している筋肉が縮んだりして、骨を歪ませているだけなのです。つまり筋肉を正常な状態に戻せば、これらの症状も改善可能です。

病名が付けられることで、深刻に考えがちですが、安易に手術など考えないでください。問題箇所を改善させ、筋肉を緩めてあげるだけで、これらの症状も改善可能です。

 

たかが腰痛、されど腰痛、腰痛を放置しておくと・・・

なんだか腰が重い、最近腰痛が頻繁に出る、でもこれは昔からあったし、歳もとったから仕方ないと放置しておくと、更に深刻な問題が起こることがあります。

まず慢性的な腰痛で起こりやすくなるのが、ぎっくり腰です。

ぎっくり腰は急に起こるものではありません。腰痛の慢性化が何かのきっかけでぎっくり腰を引き起こします。

そして一番起こりやすい深刻な問題として、坐骨神経痛があります。

これは、骨盤や腰椎と言われる腰の骨から出ている神経が圧迫されることで、お尻や太もも、ふくらはぎや足に至るまで神経痛を引き起こします。

軽ければしびれ程度ですが、これが痛みに変わると、場合によっては歩行すら困難になることもあります。

たかが腰痛、されど腰痛、腰痛を慢性的に感じられているのであれば、早めのメンテナンスをおすすめいたします。

 

産後にも腰痛が出やすくなります。

特に産後に腰痛が出てきたという方もいらっしゃいます。産後には通常とまた違った影響を受けて腰が痛くなることもあります。産後で腰痛が辛いという方はコチラを参考になさってください。→ 産後の腰痛・骨盤矯正について

 

強く激しい腰痛はぎっくり腰かもしれません。

腰痛でも普段と違った強い痛みが出る場合があります。少し動いただけで刺すような痛みがある場合、ぎっくり腰の可能性があります。

当院ではこのような急性の痛みであるぎっくり腰にも対応しておりますので、そのような方はコチラをご参考になさってください。 → ぎっくり腰で辛い方へ

 

腰痛にとても有効的な多次元操体法

当院がメインで行っている施術法が、多次元操体法という手技です。

操体法とは体が楽な方、気持ちいい方へ動かし、それに対して圧をかけ、力を封じ込めることで、体全体のバランスを本来の状態に戻していくものです。

多次元操体法とは仙台の『やすらぎの杜整体院』の上川名先生が操体法から更に進化させたもので、ほんのわずかな力で体に大きな変化を起こしていく施術法です。詳しくは下記の多次元操体法理論をご参照ください。

体全体のバランスが調整されることで腰痛にもかなり高い効果があります。

 

多次元操体法理論とは

多次元操体理論とは、物理的身体の構造バランスのみならず、エネルギー的身体のバランスをも自然の法則と調和させていくための方法論です。「操体法の哲学」による自然治癒のメカニズムと、「引き寄せの法則」による人生の意図的創造の方法論を私が独自に融合させたものでもあります。多次元操体理論を活用することで、肉体的健康と精神的健康の両立と、幸せな人生の実現が可能になります。

やすらぎの杜整体院 ホームページから引用

 

多次元操体法と他の施術法との決定的な違い

一般的な整体・マッサージでは主に多動運動の施術を行います。これは施術者が、患者さんに対して外から何か力を加える形の施術法です。これを多動運動と言います。

メリットとしては、お客様はリラックスして、ただ単に受身で施術を受ければいいという点です。しかしデメリットもあります。

例えばマッサージだと、外側の大きな筋肉には効果を及ぼすことが出来ますが、内側の指の届かない筋肉には効果を与えることが困難です。

また全ての筋肉を調整するにはかなりの時間を要するため、お客様にとっても、時間の浪費とともに、体への負担も大きなものとなります。

それに対して多次元操体法というのは、お客様自身に体を気持ちいい方・楽な方に動かしてもらい、その力に対して釣り合い、力を封じ込めることで、体全体に連動で効果を及ぼしていくものです

外からの力に対して、多次元操体法では体の内側から変化を起こしていきます。お客様自身の力を利用するので、外からの刺激と比べれば安全性も高く、体への負担もかかりません。

お客様には、自分の体に意識を集中していただき、わずかに体を動かしてもらい、体に快感覚を感じながら施術を行うもので、ほんのわずかな時間、ほんのわずかな動きで大きな変化を生み出していきます。

マッサージであれば、施術をしている部位だけを変化させますが、多次元操体法は、例えば足首を調整しながら体全体に変化を起こしていきます。他の整体院では体験出来ない、この感覚を是非一度体験してみてください。

 

腰痛で強く揉んだり押したりすることはやめてください!

腰痛が慢性化している方によくあるのは、ご家族の方に腰を強く押してもらったり、肘を浸かって強く腰を押してもらったり、子供に腰を踏んでもらったりして対処されているケースです。

筋肉というのは繊維質なので、強く押したり揉んだりすると、筋肉の繊維を痛めてしまうことがあります。押したその時は、柔らかくなった感覚があり良いのですが、筋肉を痛めてしまうと、筋繊維が潰れてしまい、今まで以上に硬くなってしまいます。

そうすると、更に強く押さないと柔らかくならないと勘違いしてしまい、どんどん強く揉んだり押したりして悪循環になってしまいます。

はっきり言いますが、腰を強く押したり、揉んだりするのはすぐにやめてください!

腰の筋肉は体の歪みが整って、姿勢を正せば改善していきます。是非覚えておいてくださいね。

 

腰痛に湿布(シップ)はなぜ根本的な改善につながらないのか?

当院にご来院されるお客様の中にも、腰痛に湿布を貼られて対処されている方は沢山いらっしゃいます。

ほとんどの方が湿布を貼ることで一時的に凝りや痛みを感じにくくなり、楽になる体験をされています。

整形外科でも体に痛みがあれば、大体湿布を処方されますから、湿布はコリを改善していくものと思われるのも仕方ありません。

しかし湿布はあくまで症状を緩和させるのであって、改善させていくものではないのです。

わかりやすく説明しますね。

そもそも湿布とは消炎剤といって、体の炎症を取り除く成分が入っています。では炎症はなぜ起こっているのでしょうか?

体は問題が起こっている筋肉などがあると、そこを自分の力で改善させるため、血流をたくさん送って改善させようとします。

例えるならば、体の修復工事をするために血流という人員を増やして、工事をしている状態です。

ところが消炎剤を使うと、血流を抑えて痛みを感じにくくするわけです。つまり修復工事の人員(血流)を減らしてしまうので、結果的にはなかなか改善出来ない状態を作ってしまいます。

つまり湿布を貼ることで、その場は楽になっても改善させているわけではなく、根本的な改善を遅らせているに過ぎません。

ですから頻繁に湿布を貼る人は、なかなか良くならないという悪循環を生み出してしまっているのです。

それでは腰痛などが辛い時にはどうすればいいのか?次の項目でお伝えしたいと思います。

 

腰痛には湿布より温めるのが原則!

先程腰痛に湿布は根本的な改善につながらないという話をしました。それではどうすればいいのでしょうか?

その答えは『温める』ということです。

腰痛が起こっているところは、体が血流を送って改善しようとしているにも関わらず、筋肉が収縮しているため血管も圧迫され血流が届きにくい状態です。それではなかかな改善しません。

そこで温めてあげるんです。

温まれば筋肉が緩み、血流が流れ込みます。そしてそれによりコリの部分を改善していきます。

温め方はいろいろですが、簡単なものでいうとお風呂にしっかり浸かることです。そうすれば血流が良くなります。

また寝るときなどは腰など冷やさないように、腹巻などをするのも良いでしょう。

そして更に体を温めるとっておきのアイテムが『使い捨てカイロ』です。冬に限らず、夏でもコリや痛みがあるところに貼ることで、コリの改善がみられます。

是非慢性的な腰痛にお悩みの方はお試しくださいね。

 

腰痛でストレッチをする際の注意点

腰痛に限りませんが、体が辛いと普段からストレッチをするようにしているという方も多くいらっしゃいます。また最近ではストレッチ専門店なども流行っていたりします。

硬くなった筋肉を伸ばすという点ではストレッチも効果的ですが、注意点があります。

それはあくまでも『心地よい程度に伸ばす』ことです。

人間の体は、筋肉を強く伸ばそうとすると、逆に縮まろうとする反発の力が働きます。これを伸張反射といいます。

伸張反射とは,筋が受動的に引き伸ばされると,その筋が収縮する反射をいいます。

したがって強すぎるストレッチはその場は良くても、結果的にはどんどん体を硬くしてしまいます。ストレッチをする場合は、かならず心地よい程度に伸ばすようにしてください。

そして、ストレッチの効果を出すには短い時間のストレッチはあまり効果がありません。最低でも40秒くらいはゆっくり伸ばしてください。

またもしストレッチを習慣にするならば、週に1~2回とかではあまり効果は望めません。体は変化を嫌うため、たまにストレッチしても効果が出にくく、もしやるのであれば毎日行うことが必要です。

さらに言うならば、体の一部を伸ばしても効果は薄くなります。もしストレッチするならば、全身の筋肉を適度にストレッチした方がいいでしょう。

このようにストレッチするにしても、注意が必要です。とにかくグイグイ伸ばすストレッチは危険ですのでやめてくださいね。

 

本当に筋力低下が腰痛の原因なのでしょうか?

整形外科に行くと、「筋力が弱いから痛みが出ている」「運動してください!」と言われることも多いのではないでしょうか?

しかしこれは間違いです。痛みがあってもレントゲンなどで、異常が見えないので、とりあえず理由をこじつけようとしていると考えられます。

痛みと筋肉の強さは全く別物です。

例えば筋力の強いスポーツ選手や力仕事をしている人は痛みが無いかというと、そうではありません。ハードに体を使っている人ほど痛みが出ることも多々あります。

逆に家に閉じこもっていてばかりいる人や、筋力の弱いご年配の方がみんな痛みがあるわけでもありません。つまり痛みと筋肉の強さは別物なのです。

ただ確かに運動をすることで痛みが取れることもあります。これは筋肉が刺激されたことで、血液循環が高まったことにより痛みが取れたと考えた方がいいでしょう。

痛みがあるのに、無理に筋肉を強化するような運動すれば痛みが悪化することも考えられます。痛みを我慢して歩いたり、ストレッチしたりは逆効果なことが多いのです。

したがって一番いいのは痛くない動作や運動を行うことです。それにより血流も良くなり、健康的にも良い結果をもたらしてくれます。

何度も言いますが、痛みと筋力低下は別物です。運動するなら、無理はせず、痛みが出ない範囲で体を動かすことを心がけるようにしてくださいね。

 

腰痛での通院回数の目安

最近出てきた腰痛であれば、1回の施術でもかなり改善が期待出来ます。平均で3~5回程度でお考えください。慢性的な腰痛で何年もお悩みの場合は、個人差はありますが、まず集中的に、週に1~2回を1ヶ月継続されることをお勧めします。

その後は、2週に1回、3週に1回と徐々に感覚をあけてメンテナンスをお勧めします。また普段の姿勢なども重要になるため、必要な場合は姿勢指導、ストレッチ指導なども行います。

なお慢性的な腰痛でも、早い段階で痛みが取れる場合も多くありますが、根本的な改善を望まれる場合は上記のような治療計画をお勧めしております。

 

腰痛で整体・カイロプラクティックをお探しの方は、吉祥寺整体みやびカイロプラクティック療院へお気軽にお問い合わせください。

 

腰痛の症例報告集

当院の腰痛の症例報告はこちら

腰痛に関係する関連記事

腰痛の原因

腰痛の予防法

慢性的な腰痛でお悩みの方へ

なぜ整形外科では腰痛は治せないのか?

坐骨神経痛(ざこつしんけいつう)とは

椎間板ヘルニアについて

脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)について

脊椎すべり症(腰椎すべり症)とは

消炎鎮痛剤を服用しても慢性の腰痛は改善しません!

女性特有の腰痛

妊婦さんの腰痛の原因

妊婦さんで腰痛をお持ちの方へ

生理と腰痛

タバコと腰痛の関係

牽引治療はしないでください!!

手術は最終手段として

温湿布と冷湿布の使い分け

腰痛ベルトやコルセットについて

腰痛を悪化させる寝具とは

産後の腰痛と通常の腰痛との違い

 

腰痛に効果のあるストレッチ

ここでは腰痛に効果のあるストレッチをご紹介しています。YouTube動画になっていますので、是非ご覧ください。

ドライブデスクワークに効果大。腰痛対策ストレッチ

ここでは腰痛に効果がある体幹トレーニングをご紹介しております。YouTube動画になっていますので、是非ご覧ください。

フロントブリッジ

バックブリッジ

予約電話番号

メール問い合わせ

みやびカイロプラクティック療院

〒177-0053
東京都練馬区関町南2-21-8コーポ栗原1階
電話番号 03-5991-9148

吉祥寺駅からの距離 1.5km 

このページの先頭へ