吉祥寺エリアHP口コミNo.1。安心の施術料返金保証。子連れOK!土日祝も営業。駐車場完備。内閣府認証日本カイロプラクター認定機構認定院
患者様からの喜びの声 150名突破 安心の施術料返金保証 吉祥寺エリアHP口コミNO1 子連れOK 土日祝も営業 駐車場完備 内閣府認証日本カイロプラクター認定機構認定院

吉祥寺で脊柱管狭窄症でお悩みなら

当院では脊柱管狭窄症でお悩みの方も対応しております。歩いていると脚がしびれてくるなどの症状が出る方は是非、吉祥寺整体みやびカイロプラクティック療院にご相談ください。

脊柱管狭窄症の症状

最初に脊柱管狭窄症の症状についてお話します。脊柱管狭窄症の方に共通する症状には、大きく分けると2つあります。

1つは脚へのしびれ、もう1つは間欠性跛行(かんけつせいはこう)と言われるものです。間欠性跛行は聞きなれない言葉だと思いますが、これは歩いていて、しばらく経つと脚にしびれが出てきて、少し前かがみになり休憩するとしびれの症状が治まるという状態です。

もう少し詳細について説明すると、しびれには大きく2種類あり、馬尾神経障害というものと、神経根障害があります。

馬尾神経障害とは背骨の中を通っている脊髄神経の束で、馬尾神経の部分が脊柱管が狭まることで圧迫され、脚にしびれが出る状態です。またこの馬尾神経が障害されると、ひどい場合は膀胱直腸障害という、尿が勝手に出てしまったり、反対に尿が出にくくなるようなことも起こります。

神経根障害は、脊柱管の中ではなく、そこから椎間孔という穴を通って、体の末梢へ神経が出ているのですが、その椎間孔で神経が圧迫されることで起こるしびれです。

間欠性跛行にも神経性、血管性と2種類あり、神経性のものは神経が圧迫を受けてしびれが出ますが、血管性は筋肉の使い過ぎによりしびれが出ます。

この神経性と血管性の区別は、神経性のものであれば、歩いていてしびれが出て、そこで前かがみになって休むとしびれが治まります。血管性のものは、ただ単にしびれが出てから立ったままでも、しびれが治まってきます。

皆さんの症状はどれに当てはまるでしょうか?次に脊柱管狭窄症の原因についてお話したいと思います。

 

脊柱管狭窄症の原因

脊柱管狭窄症は、わかりやすく言うと、まず背骨には脊柱管という穴が開いています。ちょうど背骨自体がホースのようなものとイメージするとわかりやすいかもしれません。

その脊柱管の中を脊髄神経という神経が通っているのですが、何らかの理由で脊柱管が狭くなることで、中にある神経が圧迫されてしびれや痛みが脚に出てしまう神経障害です。主に中高年の方に多く、年をとることで起こる障害です。

ではなぜ脊柱管が狭くなってしまうのか?簡単に説明すると、一番の原因は腰の反りが強くなることです。いわゆる反り腰です。

腰の骨が反ると、脊柱管の内部に通っている靭帯があるのですが、腰部が反り過ぎることで、靭帯が分厚くなってしまいます。分厚くなることで脊柱管の内部を狭くしてしまうわけです。

また反り腰になることで血管(静脈)が圧迫されると、それが先ほどお伝えした血管性の間欠性跛行を引き起こしてしまいます。

つまりこの反り腰の状態を改善させることが、脊柱管狭窄症を改善する方法だと考えられます。では次にどうして反り腰になってしまうかの説明をしたいと思います。

 

反り腰になってしまう原因

なぜ反り腰になってしまうのか?原因は3つあります。

1つ目は股関節の伸展制限です。簡単に説明すると、歩く際に後ろ足で蹴りながら前に進みます。

その時後ろ足の脚の付け根は伸びるのがわかると思いますが、この状態が股関節を伸展した状態です。

蹴る時に股関節がきちんと伸展出来ないと、腰の骨を反らせて足を蹴るようになります。そのような歩き方をしていると徐々に腰は反ってしまいます。

2つ目は腰の筋肉の緊張が強くなっている状態です。腰の筋肉の緊張が強くなると、筋肉は縮んでいきます。すると腰の骨を後ろから引っ張るので、腰の反りが強くなっていきます。

3つ目は腹筋の機能不全です。腹筋が弱い状態だと腰が反ってきても、それに対抗出来ません。逆に腹筋があれば、背骨に対して抑える力が働くため、反り腰になりにくくなります。

つまりこれらの問題を解決していくことで、反り腰が改善し、脊柱管狭窄症の改善につながっていくわけです。

 

脊柱管狭窄症に対する当院の施術

当院では脊柱管狭窄症に関わらず基本的には全身施術を行っていきます。理由は全身の筋肉は全て繋がっているからです。

その中でも先ほど述べたように、股関節の動きを改善し、伸展をしやすくしたり、腰部の筋肉を緩めたり、腹筋を鍛えていくような方向で進めていきます。

ただ股関節と言っても、その問題の根底には足首や膝、骨盤など体の歪みが関係しています。

また下半身の問題でも、最初の原因が首などの上半身にあることも考えられます。

施術を行うことで、脊柱管狭窄症だけではなく、体全体のバランスが整い、体が軽くなっていきます。

脊柱管狭窄症の症状は個人差があります。軽い方であれば、早い段階で改善しますが、重度の神経症状が出ている場合は改善に時間がかかることもあります。

ただし明らかに姿勢が悪かったり、腰が反っていたり、慢性的な腰痛があったりした場合は、施術によって改善に向かっていく可能性が高いですので、脊柱管狭窄症でお悩みの方は是非一度ご相談ください。

また常に激痛がある場合や膀胱直腸障害がある方、脚が動かない、感覚がないなどの異常がある方は、まずは整形外科にてご相談されることをお勧めいたします。

 

(参考文献)日本整形外科学会による脊柱管狭窄症の説明

 

脊柱管狭窄症以外のしびれについて

椎間板ヘルニアの場合も脊柱管狭窄症と同様に脚へのしびれが出ます。ただ違いは年齢層です。脊柱管狭窄症は中高年の方が主になりますが、椎間板ヘルニアは10代や20代の若い方にも起こります。

それ以外にも梨状筋症候群という、お尻にある梨状筋という筋肉の緊張が強くなると、その下を通っている坐骨神経が圧迫されて、お尻や脚にしびれや痛みが出ることがあります。これは一般的に坐骨神経痛という症状です。

またぎっくり腰でひどいものであれば、脚へのしびれも出ることがありますので、良くわからないけど脚やお尻に痛みやしびれが出る場合は、当院にご相談ください。

 

腰痛でお悩みの方はこちら

椎間板ヘルニアでお悩みの方はこちら

ぎっくり腰でお悩みの方はこちら

坐骨神経痛でお悩みの方はこちら

 

脊柱管狭窄症吉祥寺周辺で整体をお探しの方は、吉祥寺整体みやびカイロプラクティック療院へご相談ください。

当院の様子

予約電話番号

みやびカイロプラクティック療院

〒177-0053
東京都練馬区関町南2-21-8コーポ栗原1階
電話番号 03-5991-9148

吉祥寺駅からの距離 1.5km 

このページの先頭へ