高齢者の方への施術について

今日は80代の女性の患者様がご来院されましたので、当院の高齢者の方に対する施術についてご説明させていただきます。

 

ご高齢の方の場合、骨が弱くなっている可能性もあるため、無理なカイロプラクティックでの矯正は行いません。また筋肉が硬くなっている方が多いので、しっかりと筋肉を緩めるという視点から施術を行います。

 

ただ筋肉を緩めるといっても、マッサージをするわけではなく、体の左右のバランスを整えて、ゆがみを取っていきます。

 

ゆがみを取るだけでも筋肉はゆるみますので、まずはゆがみを取り、その上で必要と感じた場所の筋肉を直接触って緩めていきます。

 

通常のマッサージの場合は、ぐいぐい押すというイメージですが、当院の場合は、筋肉を包んでいる筋膜が癒着しているので、それをはがすという感じで行います。

 

また当院の治療はご高齢の方でも安心していただける施術である多次元操体法というのを使っています。これは患者様に動いていただきながら行う施術で、患者様の体、力具合に合わせて施術するので、安全かつ、効果が高い施術となります。

 

一つ注意しないといけない点は。ご高齢の方は普段あまり体を動かしていない方が多いので、今までにない動きをいろいろしてもらうことで、少し疲れを感じられることもあります。

 

ただその時にしっかりとお体を休めていただくことで、より良い状態に導いていくことが出来るので、その点についてはお話させていただいています。

 

ご高齢の方からすると、カイロプラクティックとか、整体とかボキボキされて怖そうと思われがちですが、当院ではそうではなく、非常に安全な手技を使うためご高齢の方でもご好評いただいております。

 

もし今まで整体とかしたことないけど、年齢とともに体が辛くなってきたというようなお悩みがあれば、是非当院にご相談くださいね。

2018年2月13日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:院長の施術日記

腕が上がりにくい場合の施術(肩こり・首痛)

当院では肩こりや腰痛、首の痛みなどさまざまな患者様がご来院されますが、どのような患者様でもする検査が腕上げ検査です。

 

通常、腕をサイドから上げた場合、問題がなければ自分の耳に腕が当たるくらい真っ直ぐ腕が上がります。

しかし特に肩こりや首の痛みなどがある場合は腕が上まで上がらない場合の方が多いんですね。

是非皆さんも一度真っ直ぐ立っていただいて、片方の腕を横から上げてみてください。鏡の前で上がり具合を見ていただくとよりわかりやすいかと思います。

 

普段は首や肩こりが気になっていた方も、まさか腕まで上がりにくいと感じられることは少ないと思います。なぜなら普段腕を真上まで上げる動作をする方はほとんどいませんよね。しかし上がりにくいということは、肩や首だけの問題ではなく、腕まわりや肩甲骨、肋骨など非常に影響している場合がほとんどなんです。

 

そこでこの腕の動きを良くしていくために何をするかというと、まず当院では体のバランスを全体的に整えて行きます。例えば横座りの姿勢を左右交互にしてみると、ほとんどの方が、やりやすい方とそうでない方があります。

 

つまり左右の体のバランスが悪いからそういったことが起こります。

 

そこで、ちょっとした手技で体のバランスを整えるだけで、腕もスーっと上に上がりやすくなるんです。この段階では特に腕には触っていません。

 

ほとんどの方は、このちょっとしたことで腕の動きが変わるため驚かれます。そしてそれ以外にも肩を上げられるようにするためには、腕の影響もあります。

 

手をよく使う方は、腕が結構ガチガチに硬くなっています。それも少し緩めるだけでも肩の動きが良くなります。

 

それ以外にも鎖骨の筋肉、大胸筋、肩甲骨周りなど緩めることで、腕の動きはもちろん、首の動きや肩周り全般が随分楽になっていきます。

 

四十肩や五十肩でガチガチになった方は、一度に楽になるということは難しいですが、少し肩に痛みが出ていたり、首や肩が慢性的に凝りを感じる方であれば、首や肩周りがかなり軽くなります。

 

肩がこっているから、肩を揉むという施術ではなかなか改善しないのは、そこだけが問題ではないからです。

 

まずは全体のバランスを整え、肩や首、腕の動きを妨げている筋肉などを調整することで、随分楽になっていきますので、首や肩が辛い、慢性的な凝りがある、腕を上げてみたら意外と上に上がらないという方は是非一度当院にご相談くださいね!

2018年2月9日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:院長の施術日記

膝の痛みの施術ポイント

膝が痛い場合、本当に膝の関節に問題が起こっている人は実は少ないんです。

 

ご年配の女性に多いのが変形性膝関節症ですが、この場合は強いO脚状態になり、しかも膝関節の軟骨が磨り減ってしまうことで、強い痛みが出てしまい歩行困難になってしまいます。この状態では施術しても改善は難しく、一般的には手術をしていくしかないと考えられています。

 

しかし膝に痛みが起こっている場合は、ほとんどの方はこの変形性膝関節症ではなく、膝の周りの筋肉に問題が起こっていて、それが膝にたまたま痛みを起こしていると考えられます。

 

ただ膝の施術を行うのに、膝の周りだけ筋肉を緩めていっても改善しないことが多く、多くの場合は、足首の問題が膝に来ていたり、骨盤の歪みが膝に負担をかけていたりすることが非常に多いのです。

 

膝の痛みの施術ポイントとしてはまず足首です。足首の捻挫を放置していたり、磨り減った靴を履き続けたりすると、足首の問題が起こります。

 

状態としては、足首に力が入りづらい状態ですが、ほとんどの方はそれに気づかず生活しています。そうすると体の土台である足首の問題が原因で、膝に負担をかけてしまい最終的には膝の痛みに発展していきます。またそれに伴い、骨盤のゆがみなども出てきて、体全体のゆがみへと発展してしまうのです。

 

当院の場合、膝痛でお越しいただくと、足首をチェックしきちんと力が入っている状態か確認します。もし足首の力が弱まっていれば、足首を矯正し、しっかり力が入る状態にしていきます。そうすることで、膝の痛みが改善していきます。

 

また膝痛の場合は、骨盤のゆがみも同時に起こっていることが多く、特に骨盤がねじれを起こしていると膝に負担がかかります。

 

そういった足首や骨盤の調整を中心に、体全体のゆがみを矯正することで、ひどいものでなければ1回の施術でも痛みは取れていきます。あとは元に戻らないように、何度か集中的に体の調整を行い、痛みが取れたあとは、定期的なメンテナンスで膝の痛みが出ない状態に持っていきます。

 

ここで注意しないといけないのは、じゃあ膝の痛みがあっても、関節の問題でなければ自然に治るのでは?と思って、放置していくと、いずれは本当に膝の関節の問題に発展してしまいます。そうなっては手遅れですので、膝に痛みが出た時はお早めのケアをご提案させていただきます。

 

2018年2月6日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:院長の施術日記

ぎっくり腰の施術のやり方

最近ぎっくり腰の患者さんがよく来院されます。

 

特にここ最近寒さが厳しく、しかも大雪のせいで、普段しない雪かきをしたり、雪の上を恐る恐る歩いたりと、体に負担がかかることが多いせいでもあります。

 

寒さが厳しいので、筋肉は緊張します。そうすると血流も悪くなり、体はどんどん硬くなります。更に元々体に歪みがある方は、今まで以上に痛みを感じやすくなるんですね。

 

そして更に追い討ちをかけるようにインフルエンザの流行があります。もちろん普通の風邪も流行っていますから、咳をすれば、腰などに一気に負担がかかります。咳をするときは、出来るだけ何かものにつかまって、体を支えて、腰に負担がかからないようにするのがベストです。

 

そんなぎっくり腰の患者さんに対して、当院ではどんな施術を行うのか?

 

ぎっくり腰にも程度はいろいろです。歩いて来れる方、ほとんど歩けない方、明らかに体が曲がってしまっている方、などなど。

 

基本的にはぎっくり腰の方は、寝るのが辛いんです。うつ伏せや仰向けが出来ない方もいます。通常、マッサージでも整体でも、うつぶせか仰向けで施術をするため、それが出来ない治療院ではぎっくり腰の施術は出来ないことになります。

 

当院では、ぎっくり腰の場合、まず基本的には立った状態で体の状態を確認します。

 

その段階で座るのも、寝るのも辛い場合は、立って施術をします。そこで少し楽になることで、今度は座った姿勢で施術をします。

 

座った状態で体のバランスを整えていくことで、今度はうつ伏せや仰向けが出来るようになり、そこでどちらかやりやすい方で施術を行います。

 

これらのプロセスを経て、施術していくことで、徐々に体のバランスが良くなり、動きが改善していき、最終的には普通に歩けるようになっていきます。

 

ただ注意しないといけないのは、ぎっくり腰というのは、患部に炎症が起こっているということです。

 

つまり、外からは見えませんが、腰の筋肉が怪我をしているのと同じ状態だということです。だから怪我をしているところをグリグリ押したら余計に痛みが出るのがわかりますよね。

 

出来るだけ患部はそ〜っとしておいて、周りから体を整えるようにしていきます。そうすることで、改善していくスピードがあがります。

 

何もしなければ1週間から10日以上かかるところを、数日で楽な状態に持っていくことも可能です。当院で施術された方は、患部に少し痛みが残っていたとしても改善のスピートがかなり早くなります。

 

もしぎっくり腰になったら、是非当院を思い出してくださいね。決して痛いところをグリグリするような整体やマッサージだけは選ばないようにご注意ください!!

2018年2月6日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:院長の施術日記

このページの先頭へ