坐骨神経痛で右腰から太ももにかけて痛み

今回は50代女性で、坐骨神経痛で右腰から右の太ももにかけて痛みが出ている患者さんに対する症例をご報告します

症状としては、2週間前から右腰から太ももにかけて痛みが出ていて、それが通常の腰痛ではなく、坐骨神経痛でした。

 

腰痛自体は、元々あったが今はそれほど感じていない。肩コリなどは慢性的にあって、触ってみるとガチガチに硬いが、本人はそれほど自覚はない。

 

昔は左の首に痛みがあったとのこと。本人としては、骨盤の歪みが気になるのと、股関節が硬いというのを訴えられている。またアゴが昔、開かなくなり、一度口腔外科で治療した経験があり、今でもアゴの開き方がおかしく、違和感がある。

 

またこの1年ほどパーソナルトレーニングを行っており、以前よりも体自体は楽になってはいるが、今回このような神経痛が出て不安になり当院にご来院される。

 

治療経験としては、マッサージにたまに行かれる程度で、きちんとした整体などはほとんど受けられた経験はない。

 

施術を開始して、肩甲骨の内側から手を入れて調整しようとするが、背中がパンパンに張っていて、指が入らない状態。かなり肩、背中の張りが気になった。

 

首、肩、肩甲骨の調整を行い、第二頚椎の矯正を行う。肩関節の動きも良くなり、ガチガチに固まっていた肩の筋肉が緩んでいく。

 

首の矯正とともにアゴが右にずれていたので、アゴの調整も行い、違和感が減った。

 

うつ伏せになり、股関節回りの調整を行い、骨盤に動きをつけることで、股関節の動きが改善される。

 

仰向けでは、足首の調整、つま先上げの操法により、ふくらはぎや膝裏の筋肉が緩む。また股関節の動きを見ながら調整を行うことで、股関節の動きが正常に近づく。

 

坐骨神経痛があるため、坐骨付近を刺激することで、臀部の筋肉を緩める。これらによって、脚全体の動きが改善され、軽くなっていく。

 

施術後、座位から立位になる時のお尻の神経痛が取れる。痛みの感覚が少し変わる。これは坐骨神経痛が改善するにあたってよくあることである。

 

その後2回目の施術後、おしりの神経痛がなくなる。ただ何となく、お尻に力を入れた時に、お尻の中の方にぼんやり痛みを感じる程度まで改善する。

 

3度目の施術後、坐骨神経痛が全て取れる。腰の違和感などもなく、調子がよくなる。

 

とりあえず、神経痛がなくなったが、しばらく調整を続ける予定で、同時にアゴの調整も今後続けていきながら、改善させていく方向で進んでいる。

2019年8月20日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:院長の施術日記

膝の痛みで何度か水を抜いている40代女性

今回は半年ほど前から膝の痛みに悩まされている40代の女性の症例をご紹介いたします。この方は同じく膝の痛みで通われていた方からのご紹介でご来院されました。

 

半年くらい前から膝に違和感、痛みを感じるようになり、最初は左膝に水がたまり、今度は右膝に水がたまってしまい、それぞれ整形外科にて、水を抜いてもらったとのことでした。

 

膝は痛みももちろん気になるのですが、カクカク音がなり、膝に不安定な感覚が出ていたので、そちらについても将来膝がおかしくなってしまうのではないかと、かなり気にされていました。

 

また慢性的な腰痛があり、首や肩などのコリもたまに出るといった状態でした。

 

今回の膝の痛みが出てからは、整形外科に行っているのみで、整体などには昔行った経験がある程度でした。

 

お体を検査すると、骨盤の歪みがあり、特に背骨の左右の筋肉(脊柱起立筋)の高さに差があり、同じく臀部の高さも違い、体がねじれているような状態でした。

 

骨盤の歪みとともに、頚椎の歪みもあり、体の上下のバランスの問題により、体全体のねじれが生じ、それが膝などにも悪影響を与えているようでした。

 

施術は、まず座位にて、背骨の調整、体幹のねじれの調整、肩甲骨はがしなど、仰向けで肩関節、頚椎の調整を行いました。

 

またうつぶせの状態で、膝、股関節、骨盤の可動性を改善する調整を行い、更に仰向けの状態で、足首の調整、股関節の調整、そして膝を正常な位置に戻していくような調整を行い、施術完了。

膝の状態には足首や、股関節、骨盤などが直接影響し、さらには全体として頚椎も関わってくるため、体全体の調整が必要になってきます。

 

それらの調整によって、ひとまず膝の痛みはある程度軽減しました。

 

4日後、再び来院され状態を伺うと、かなり歩かれたが、痛みもそれほどなく動けたとのこと。首も肩も腰も楽になられたが、まだ膝がカクっとなる違和感があるとのことでした。

2回目も初回と同様の施術を行い、今度は2週間後に来院、まず膝の痛みは立ち上がる時にほんのわずかに感じる程度で、日常生活では大丈夫になられました。カクっという音が出なくなり、かなり喜んでいただけました。

 

しばらくは膝の痛みが再発しないように通院予定ですが、お体の歪みも順調に改善しておられるため、今後も良好な状態が続くことが考えられます。

 

以上が今回の症例報告になりますが、当院では膝だからと言って、膝だけを見るということはありません。足から頭まで全てにおいて調整をしていき、膝への負担を減らし、バランスを整えていきます。

 

もし膝の痛みなどでお悩みの方がいらっしゃいましたら、是非一度ご相談ください。

 

最後に今回の患者さんのお話で膝の水を抜くという話がありました。そもそも膝に水が溜まって痛くなるというのは、膝関節が正常な位置にないため、それがひどくならないように体内の組織液が膝に集まっている状態です。

 

つまり水は膝の負担を和らげているわけです。それを水が痛みの原因だからといって、抜いてしまっても根本的な改善には至りません。

 

膝の水を頻繁に抜かれているような場合は、単なる対処療法に過ぎませんので、当院のような根本治療をオススメいたします。

 

 

2019年8月7日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:院長の施術日記

緊張性頭痛でお悩みの患者様(2例)

今回は緊張性頭痛を訴えてお越しいただいた患者様を2例ご紹介いたします。

まずお一人目は、30代後半の男性で、普段から慢性的な肩こりを感じられているのですが、

特に10日前から、右の後頭部の頭痛が毎日出ていて、普段であれば、放っておけば楽になっていたのに、今回は10日間も頭痛が続いている状況で、あまりにもツライということでご来院されました。

整体などの経験としては、10年ほど前にスポーツ整体などはされていたようですが、最近は特に何もされていなかったようです。

また腰痛などはたまにある程度で、特には気にされないレベルだということでした。

体を検査、そして施術していくと一番気になったのは、骨盤のねじれでした。骨盤が大きくねじれており、うつ伏せで膝を90度に曲げて、両足を開いていくと、明らかに左右の倒れ方の差が見られました。

同時に首の上部の骨(上部頚椎)にも強いねじれが起こっており、首と骨盤がそれぞれねじれることにより、体全体のねじれが発生していることが判明しました。

これはよくあることですが、普段から腰痛はそれほど気にしないために、例えば座る時の姿勢を気にせず、悪くなることがあります。一番多いのが、足を組むということです。そうすると体はどんどん捻れを起こします。

骨盤がねじれると、今度はそれを補正するために、上部の首の骨が捻れを起こして、全体としてバランスを保とうとします。

簡単に言うと、体全体がねじれてしまっている状態でした。

そこで首の調整とともに、骨盤のねじれも調整し、全体のねじれを取っていきました。その上で足首、股関節、肩甲骨の調整を行い、施術後には体全体の筋肉は緩み、首や肩も最初と比べると、見違えるように柔らかくなりました。

その間に筋肉は一切ほぐしてはいませんし、いわゆる肩の筋肉を押したり揉んだりはせずに、緩めることが出来ました。

頭痛もその場でほぼ取れて、その後楽な状態が続いているということです。

そして、その男性の奥様が、全く同じ症状、つまり緊張性の頭痛でご来院されました。

奥様の場合は、特に左側の首から肩にかけて凝りが、慢性的に起こっており、たまに頭痛も出るようでしたが、3日前から特に左側後頭部の頭痛がひどくなり、ご主人様のご紹介で来院されました。

奥様の方は、かなり慢性化しており、骨盤の歪みも強く、背骨全体が軽く曲がっていて、いわゆる側湾(そくわん)状態でした。

ご主人様と同様に、骨盤の歪みを正して、首の調整、全体のバランスをとっていくことで、1回の施術でも背骨がある程度真っ直ぐに戻り、頭痛も取れました。

このように緊張性頭痛の場合、主に後頭部に痛みが出るのですが、その際に首や肩コリがひどくなると、頭痛が起こりやすいという方は、この緊張性頭痛の可能性が高いため、薬でどうにかしたとしても、根本的に改善させていかなければ、なかなか楽にならない場合も多いです。

このような症状でお困りの方は是非、当院にご相談ください。きっと楽になられると思います。

2019年7月26日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:院長の施術日記

股関節の痛みを訴えた60代女性

今回来院されたのは、2ヶ月ほど前から急に股関節に痛みが出てきたという60代後半の女性の患者さんです。

実は今回の痛みは初めてではなく、4年ほど前にも右の股関節に激痛があり、その際に整形外科で受診して、痛み止めなどしているうちに、しばらくしたら痛みがなくなったとのことでした。

整形外科では、今のところは股関節にそれほど問題がないという結果で、しばらく様子をみてくださいとのことでした。

その後、股関節にたまに違和感はあるものの、強い痛みは出ることなく過ごされていましたが、2ヶ月前に再び激痛が起こり、

再度整形外科でみてもらったところ、臼盖形成不全(きゅうがいけいせいふぜん)ということで、股関節に問題があると診断されました。

とりあえず股関節は動かせるのですが、痛みが引かないので、心配になり当院を受診されました。

検査をしたところ、幸いにも股関節の可動域はそれほど酷くはなく、足から股関節の調整や、骨盤の調整、全身調整を行うことで、1回の施術で約8割ほど痛みは取れたということでした。

動かしてもそれほど痛みもないようなので、股関節回りの筋肉をつけていただくためにスクワットを痛みのない範囲でしていただくことになりました。ご本人も1回でかなり痛みが取れたので、大変喜んでいただくことが出来ました。

ここで問題なのが、4年前に整形外科で受診された後の行動です。

実は股関節の問題は、整形外科では、とりあえず痛みに対しての痛み止めをしながら、様子を見るしか選択肢はありません。リハビリを行っても痛みが取れる方とそうでない方がいます。

そして徐々に悪化して、どうしようもなくなったときに、股関節の手術という選択肢が出てくるわけですが、それまでの間は特に何かをするわけでもないんです。ひどくなるまでに人によっては、5年から10年くらいかかります。

ですから知らない間に、徐々に悪化する可能性が非常に高いため、股関節に違和感を感じ始めた場合は、出来るだけ早い対応が必要になります。

股関節の場合、痛みが出るまでに、まず第一段階として、股関節の違和感から始まります。なんとなく歩いていると違和感がある程度で、休めば特に違和感がなくなるので、それほど気にならない人が多いです。

そこから、徐々に進行していき、痛みが出はじめます。歩き過ぎたときに痛みが出たりしますが、これもまた休めば治るような感じです。

そして更に進行すると、常に痛みを感じるようになり、同時に股関節の可動性が悪化してきます。靴下を履く姿勢で足が上がりにくいとか、足が上がりにくくなるため、つまづきやすくなったりします。

左右の脚の動きの可動性もだんだんなくなっていき、その頃にはちょっとした動きでズキンとした強い痛みが出てしまうことが多くなります。

こうなったときに整形外科などに行くと、変形性股関節症と診断され、ひどければ手術を勧められることになりますが、手術すれば痛みが確実に改善される保証はないため、非常に難しい判断をくださなければなりません。

整体などで見るにしても、やはりこの段階までいくと、完全に改善させることが難しくなります。

今回の患者さんの場合は、比較的初期段階でしたので、1回でも効果が出ました。このように股関節は非常に問題が起こるとやっかいなところなので、違和感の段階で当院のような整体でみてもらうことをオススメいたします。

2019年6月26日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:院長の施術日記

顎関節症で奥歯が当たって痛い

先日首の痛みと顎の痛みでご来院された患者さんのお話です。

 

初回の施術で首はかなり楽になられたようで、喜んでいただきましたが、顎がおかしい状態がまだ続いているようで、奥歯が当たると、痛みが出るという状況でした。

 

ただ前回施術後はしばらく痛みがなかったので、おそらく虫歯など歯の影響はないと考えられたため、今回は顎関節を直接施術することになりました。

 

顎の歪みを正す矯正などを一通り行ない、リンパの流れなども調整し、通常であればこれでほとんどの場合、改善がみられるのですが、

 

今回の患者さんの場合は、それでもまだ歯が当たって痛いという感覚が残りました。

 

そこで普段はやらないのですが、口腔外科で行う施術を試してみました。やり方は手を患者さんの口の中に入れ、両方の親指を患者さんの奥歯に当て、そのまま下げながら手前に引くという手技を行いました。

 

すると今まであった痛みがすっかり改善。指を口に入れるのは、やられる患者さんも抵抗があるので、普段はやりませんが、どうやら結構効果があったようです。

 

顎関節症の場合、口を動かしたり、顎の開け閉めをすると音がなったり、真っ直ぐ開かずに左右に顎がずれたり、顎の開け閉めで痛みが発生したりとさまざまですが、

 

施術を行うことで、改善がみられる方がほとんどですので、もし顎の問題でお悩みの方は是非一度ご相談いただければと思います。

2019年3月8日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:院長の施術日記

足首の整体が重要な理由

皆さんは整体に行かれたことはありますか?

 

整体と言っても、いろんな種類があるので、どのような施術をするかはそれぞれ違います。ただ、今まで整体をしてきて思うのは、足首はかなり重要だということなんです。

 

足首なんて全く触れてもくれない整体もいくらでもあります。でも当院では、しっかり足首を確認します。

 

足首は建物に例えると、基礎の部分です。建物も基礎がきちんとしていないと、完全なる欠陥住宅です。基礎がしっかりしているから、上の建物の部分もきちんと建つことが出来ます。

 

人間の体も同じです。人間の体の基礎の部分とは、まさに足首なんです。足首に問題があれば、それが体の歪みにつながってきます。

 

明らかに昔、足首を捻挫したとか、骨折したという過去があれば、足首の問題を疑う人もいるかもしれませんが、ほとんどの方は足首の問題を気にしていません。

 

足首が痛くなければ、問題がないと判断してしまうからです。

 

しかし実際には、足首を調べてみると、力が入りにくかったり、足首の動きが悪かったり、左右の足首に問題が起こっている方が沢山いらっしゃいます。

 

そこで足首を整体によって、調整してあげることで、力が入らなかった足首はしっかり力が入るようになり、硬く動きが悪くなった足首は、滑らかに動くようになります。

 

しかし、実はそれだけではありません。足首を調整するということは、上にも影響を与えるため、足首が悪くて体に歪みが出ているような場合では、その体の歪みも一気に解消していきます。

 

ここまでのお話で足首の重要性を理解していただけましたでしょうか?

 

当院では、必ず足首をチェックいたします。そして力が入りにくい、動きが悪い場合は、調整していきます。それだけでも腰の動きも変わり、首の動きまで変わってくることもあります。

 

以前に足首を痛めた記憶がある方はもちろん、そうでない方も是非一度、足首に問題があるかどうか?確認されると良いかと思います。

 

当院では足首の整体を行っております。是非気になる方はご相談くださいね!

2019年1月23日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:院長の施術日記

当院の整体と他のマッサージ、ストレッチの違いは

整体って言っても、本当にいろんな種類の整体があります。

例えば主にマッサージやほぐしを中心としたもの、ストレッチなど体を伸ばす系のもの、骨のゆがみを調整するもの、などなど。

そこで当院の整体の特徴とともに、他の治療系のものの特徴も私なりの意見も踏まえてお伝えしたいと思います。

まずマッサージですが、これは主に筋肉をほぐしていくもので、確かに気持ちいいものですが、これは治療系というよりは、どちらかというと癒し系の手技だと思います。

肩が凝ったり、腰が辛かったりしたときに揉んでもらえば、確かに楽になりますが、これは根本的な改善を目的にしているわけではないので、

本当に体が慢性的に辛い人にとってはあまりオススメ出来ません。

ストレッチ系に関しては、軽く自分でストレッチするのはさほど問題はありませんが、人間の体は強く筋肉を伸ばそうとすると、逆に筋肉を収縮しようと反発する反射の力が働きます。

したがって、誰かに思いっきり伸ばされたりするのは、逆効果の可能性もあるということです。

では当院の施術はどうなのかと言うと、主に多次元操体法という手技を用いていますが、他の整体や、マッサージ、ストレッチと違うのは、自動運動をしているということです。

自動運動とは、お客様自身が体を動かしながら施術を行うやり方です。

何が違うかと言うと、マッサージやストレッチは多動運動ということで、他から力が加わる形で施術されるのですが、そうすると表面の筋肉などは緩めることが出来ても、内側の深い筋肉に効かせるのは難しいということです。

自動運動だと、お客様自身がゆっくり動くことで、すべての筋肉にじっくり効かせて行くことができます。これは一度受けていただければわかりますが、ストレッチやマッサージとは全く違いますが、なぜか直ぐに体に変化が起こります。

また多次元操体法では、自分の楽な動き、気持ちいい動きを取るのですが、そうすることで、脳がほっとして安心することで、自然に体も緩んでくるんです。

この施術は、他ではなかなか味わうことが出来ませんので、是非一度お試しくださいね。

 

2018年11月14日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:院長の施術日記

体のねじれを取る整体で可動性が変わります。

当院にご来院された場合、まずはじめに検査を行います。

例えば腕を上げて、どれくらい上がるのか?

首を回して、左右どちらが動きやすいか?

体をひねって、左右どちらがやりやすいか?など

 

そうすると、大抵の方が左右差を感じられます。

どちらの腕が上がりにくいとか、

首が回りにくいとかなどなど。

 

そこで体のねじれを調整すると、

あっという間に、腕が上がりやすくなり

体もひねりやすくなり、

首も回りやすくなります。

 

日常生活で無意識に体がねじれてくる人が

非常に多いんですね。

 

でもこの体のねじれを調整するだけで、

腕の動きや首の動きまで変わってくるので

皆さん一応に驚かれます。

 

グイグイ揉んだり、押したりする必要は全くないんですね。

 

皆さんはお体にねじれを感じたことがありますか?

もしねじれていると感じられるようでしたら

それを改善させてあげるだけでも体は随分と軽くなり

楽になります。

 

是非お体の悩みをお持ちの方はご相談くださいね!!

 

 

 

2018年10月3日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:院長の施術日記

触れ方で整体の効果が変わってくる

今日は触れ方で効果が変わってくるというお話です。

 

当院では患者様に対しての触れ方に注意をしています。

人は体をギュッと握られたりすると、無意識の領域で拒否反応を示し、体が硬直してしまいます。強く触られることで脳が緊張し、筋肉が硬くなるんですね。

 

これは実際に何度も実験していますが、握り方一つで例えば腕の可動性も変わってしまいます。

逆に優しく患者様に対して触れることで、脳は無意識の領域で安心します。脳が安心することで体はしっかり緩んでくるんです。

なので私は患者様へは国宝を扱うように丁寧に触れることを意識しています。おそらくそう言われても、気づかない人もいると思いますが、潜在意識ではこの触れ方の違いにしっかり気づいています。

 

整体などに通われている方でも、なんだかこの人、ちょっと合わないだよなぁ~と思うときはもしかしたら、そういった触れ方などもあるかもしれません。

 

触れ方を気をつけると、手も柔らかい手になっていきます。そして触れるだけでも体はどんどんゆるみます。

 

是非皆さんもご家庭でパートナーの方に優しく触れてみてはいかがでしょうか?何か今までとは違う、優しさを感じられると思いますよ(^-^)

 

 

2018年7月25日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:院長の施術日記

ほうれい線に注目して整体する

最近施術をしていて注目するポイントの一つが【ほうれい線】です。

 

ほうれい線を気にするのは、特に女性の方ですよね。なるべくほうれい線が出ないようにお肌のケアをしていく感じですね。

 

私は特に美容については、それほど気にしていませんが、ほうれい線の左右の深さに注意しています。

 

皆さんも鏡で自分のほうれい線を注目してみてください!左右同じ深さであれば問題ありません。ところが、左右どちらかが深かったりすると、少し問題が起こっているかもしれません。

 

それは顎の問題です。

 

顎が左右どちらかに歪んでいると、その歪んだ方のほうれい線が深くなり、反対側が浅くなります。この顎のゆがみはもちろん美容的にも問題と思われますが、それ以上に顎に問題があるとさまざまな体の問題を引き起こします。

 

首の痛み、肩こりはもちろん、めまいや耳鳴り、頭痛、自律神経の問題など、もっと数え切れないほどの問題が発生します。

 

顎の問題の原因の一つとしては、噛みぐせ。左右どちらか片方で主に噛んでしまうことや、頬ずえの癖があったり、歯ぎしりをしていたり、食いしばりがあったり、そういったものが顎の問題を引き起こし、

そこから更に体の問題に発展していきます。

 

当院では顎関節の問題にも注目しながら施術しますので、もし鏡を見て明らかにほうれい線の深さが違う、口元の位置が違うと気づかれた方はご相談くださいね。

 

 

2018年4月10日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:院長の施術日記

このページの先頭へ