ぎっくり腰の30代女性

今回は2日前のぎっくり腰でご来院された30代女性の症例をご紹介いたします。

この方は2日前にちょっと体を動かした際に、今まで体験したことのないような痛みが腰に走って、動けなくなってしまったそうです。

少し時間が経って、とりあえず動けるようになってから、整骨院に行き診てもらったところ、ぎっくり腰と診断され、そこでは電気治療されて終わったそうです。

そこから2日経っても、改善が見られないということで、当院にお越しいただくことになりました。

お越しいただいた際の姿勢は明らかにおかしく、まっすぐ立てていない状態で、へっぴり腰に加えて、体が傾いているような感じでした。

少し歩くのも辛そうで、どんな体勢でも辛いとのことでした。ちなみにお子さんも小さい子がいるようですが、さすがに抱っこなども出来ないとのことでした。

早速姿勢を確認すると、腰骨の高さが3㎝ほ左右で違っていました。これは通常のゆがみではありえない差異で、おそらくぎっくり腰によって、

強い筋肉の緊張が起こっていると考えられました。

立ったまま左右に体をひねる検査をしたところ、右にひねり辛く、左右に側屈検査をしたところ、右に倒しずらい状態でした。

とりあえず立位の状態で、施術を開始、左右のねじれの調整、足の関節の調整、股関節の調整をしたところ、

ある程度まっすぐに立てるようになりました。

その後座位から立位への動きが出来るように調整、3分ほどで、座った状態から経った状態が無理なく出来るようになりました。

そしてさらに整えるために、座った状態での調整を行い、

最後に仰向けの状態になり、操体法や股関節、骨盤の調整を行い、立ってもうと、

しっかりとまっすぐ立てるようになり、普通に歩けるまで改善することが出来ました。

施術後、寝ているときに出来る腰を緩める動きや、腰に負担のかからない椅子からの立ちあがり方などをお伝えして終了。

非常に辛かった腰が、ずいぶん楽になられたようで、喜んでお帰りになられました。

ぎっくり腰は腰の筋肉などが強く炎症している状態です。炎症が起こっている場合、イメージとしては皮膚の下で筋肉が怪我をしているような状態ですので、決して揉まないでください。

まず動けるようになっても、変な姿勢で動き回れまば、体のいたるところに負担がかかるため、

改善に相当時間がかかってしまいます。

当院ではまず体のゆがみをきちんと整えて、キチンと歩ける状態に持っていき、ただしく改善できるようにしていきます。

ぎっくり腰でお悩みの方は是非ご相談くださいね!

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ

このページの先頭へ