vyPGVCM7UiEk4WFNh3nMsqq0neaqd37YdshgE" />産後の腰痛の原因と解決策 | 吉祥寺の整体|みやびカイロプラクティック療院
吉祥寺エリアHP口コミNo.1。安心の施術料返金保証。子連れOK!土日祝も営業。駐車場完備。内閣府認証日本カイロプラクター認定機構認定院
患者様からの喜びの声 150名突破 安心の施術料返金保証 吉祥寺エリアHP口コミNO1 子連れOK 土日祝も営業 駐車場完備 内閣府認証日本カイロプラクター認定機構認定院

産後の腰痛の原因と解決策

産後は腰痛で悩まれる方が多いですが、この腰痛の原因はいったい何でしょうか?

まず骨盤のゆがみが大きな原因となります。妊娠出産により、骨盤をしっかり固定していた靭帯がホルモンの影響で緩み、骨盤全体が緩んだ状態になります。するとその骨盤のゆがみによって、腰痛が出てしまいます。

解決策としては、しっかり産後の骨盤を矯正してあげることです。骨盤ベルトなどできちんと良い状態にサポートすることで、骨盤は安定します。ただし24時間常に骨盤ベルトをつけるのはオススメ出来ません。

骨盤ベルトが筋肉の代わりになることで、筋力の低下につながる恐れがあるからです。

もしつけるのであれば、比較的骨盤周りに負担のかかる状況、つまり長時間歩いたり、抱っこしたり、同じ体勢を続けないといけない状態の場合は、つけていても構いません。

しかし家の中でのんびりしている時間であったり、比較的楽な体勢でいる時はつけない方がいいでしょう。

ただ骨盤ベルトは骨盤がゆがみ、悪くなるのを防ぐことは出来ても、きちんと矯正するのは難しいため、やはり整体などできちんと矯正するのがオススメとなります。

また産後の腰痛の原因としては、姿勢や体勢が挙げられます。特に産後は赤ちゃんをお世話するために、今まで以上に床に座ったりすることも多くなります。その時に横座りをしたりすると、骨盤が歪んでしまいます。

普通の方でも、横座りは骨盤を歪めてしまう一番良くない座り方ですが、産後間もないお母さんにとっては、緩んだ骨盤の状態なので、更に骨盤を歪めてしまう恐れがあるのです。なので絶対に横座りはやらないようにしてください。

そして授乳の体勢も腰痛を起こす原因となります。授乳時には背中を丸める形になります。そこで更に抱っこする状態になるため、腰への負担が更に強くなります。

授乳は一日に何回も行いますので、その負担は相当なものとなり腰痛が悪化する原因となります。

この授乳による腰痛の悪化を防ぐ解決策としては、まずは極力猫背姿勢にならないことです。例えば授乳の際に、太ももの上にクッションなどを起き、その上で赤ちゃんを抱っこすることで、背中が丸まってしまうのを軽減することが出来ます。

そのように出来るだけ授乳の姿勢にも気をつけることで腰痛を抑えることが出来ます。

それ以外にも長時間の抱っこなどが腰痛の原因と考えられますが、これはなかなか避けようがないので、出来るだけ抱っこしたあとは腰を伸ばしたり、ストレッチするなどその都度対処していくことをオススメいたします。

当院では、骨盤矯正という形で産後のお体のケアをさせていただいていますが、もちろん腰痛だけでなく、産後に起こりやすいさまざまな症状、

例えば膝の痛み、手首の腱鞘炎、肩こり、股関節痛、恥骨痛など、対応可能ですので、産後のお体でお悩みがある方は是非ご相談ください。

 

みやびカイロプラクティック療院

〒177-0053
東京都練馬区関町南2-21-8コーポ栗原1階
電話番号 03-5991-9148

吉祥寺駅からの距離 1.5km 

このページの先頭へ