風邪予防にはビタミンC!ガンにも効果あり!?

今回はビタミンCについてお話をしたいと思います。

 

冬になると風邪を引きやすくなりますよね!そんな時にオススメなのがビタミンCです。実は私も昨年からビタミンCを摂り始めていますが、元々は整体関係の先生のオススメでビタミンCを摂るようになりました。

 

その先生はビタミンCを摂ることで、風邪も引きにくくなり、少し風邪気味になっても直ぐに回復するようになったそうです。もちろん体の調子も良くなり、それ以降ビタミンCを続けておられます。

 

またビタミンCにはガンを予防したり改善させるような効果もあると言われています。詳しくは書籍【ビタミンCの大量摂取がカゼを防ぎ、ガンに効く】を参考にしていただければと思います。

 

ではビタミンCを適当に飲んでいれば、風邪に効くのかというと、そうでもありません。ビタミンCは飲み方にポイントがあるので、そこをおさえないと意味がありません。

 

その前に何故ビタミンCを摂ると、風邪に効果があるのか?まず風邪を引くと、免疫細胞が風邪の菌を攻撃してやっつけるのですが、その免疫細胞の中心になるのが、皆さんもご存知の白血球です。

 

その白血球は、血中のビタミンC濃度が上がると活発に活動します。そして風邪の菌をやっつけるんですね。ですから風邪にはビタミンCが効くわけです。

 

ではどのようにビタミンCを摂れば良いかというと、ビタミンCは水溶性のため、体にすぐ行き渡りますが、すぐに尿として排出されていきます。そのため、一度に大量に飲んでも効果が続きません。

 

では1日にどのように摂取するのが、風邪予防に効果があるかというと、3~4時間おきに1gずつ飲むのが最適です。私も毎日そのペースで飲んでいます。

 

もし風邪を引いてしまった場合は、量を倍に増やして、それをこまめに1時間おきくらいに摂ることで風邪を早く改善させることが出来ます。

 

ビタミンCは基本的には副作用はないと言われているので、多少多めに摂っても尿として排出されるので、問題ありません。あえて副作用を挙げるなら、下痢になりやすいくらいだと思います。

 

ただ下痢の副作用は逆に言うと、便秘の方にはこの副作用を利用する方法もあるということですので、便秘の方にもオススメです。

 

ビタミンCにもいろいろ種類がありますが、一番純度が高いのが粉末です。粉末だと水やお湯に溶かして飲むと、結構酸っぱいですが、慣れれば大丈夫です。ただ酸で胃が荒れる可能性もあるので、もし胃の調子が悪い方は、食事などと一緒に摂られるといいでしょう。

 

特にビタミンCは風邪予防だけではなく、先程お伝えしたガン予防、お肌の美白などの効果もあり、特にストレスが強い人やタバコを吸う人はこのビタミンCが大量に失われていくので、ビタミンCはオススメです。

 

今年の冬は薬に頼らず、是非皆さんもビタミンC生活、お試しくださいね!!

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ

このページの先頭へ