vyPGVCM7UiEk4WFNh3nMsqq0neaqd37YdshgE" />花粉症は1週間で治る!? | 吉祥寺の整体|みやびカイロプラクティック療院

花粉症は1週間で治る!?

2月に入って既に花粉が飛んでいるという話が出ていますね。毎年花粉症に悩まされる方にとっては、本当に辛い時期になりましたね。

 

一応私も、まだ認めてはいませんが、毎年花粉症の症状が少し出たりでなかったりという状況で、不本意ではありますが、毎年マスクをつけて生活しています。

 

そこで今回は溝口徹さんの著書『花粉症は1週間で治る!』をご紹介したいと思います。

 

1週間で花粉症が治るなんて!!ありえないという感じですが、まずこの本では花粉症に対する治療法について書かれています。

 

今中心となっているのが、抗ヒスタミン剤とステロイド剤で、これはいわゆる対症療法で、症状を緩和するのであって、決して根本的な改善にはなりません。

 

またレーザーで鼻の粘膜を焼くという手術。これに関しては粘膜を繰り返し焼くことで粘膜が萎縮してがんになりやすいという話もあるようです。

 

また舌下減感作療法という、舌の下にスギ花粉のエキスを含んだものを投与して、症状を減らすというのもあるようですが、これも100%ではないという点と、効果がスギに限定されるという点であまり普及されていないようです。

 

そこで根本的に改善する方法として、この本では「オーソモレキュラー」という食事療法をオススメしています。

 

そもそも花粉症が起こるのは免疫力に影響する腸内環境が悪いことを訴えています。腸内環境が良くなれば、アレルギーなども改善するわけです。

 

そこでポイントをお伝えすると、

①栄養素としてはビタミンDをしっかり摂る。これがこの本で一番伝えたい内容です。ただし食事などでしっかり摂ることが難しいので、サプリメントをオススメしています。このビタミンDは日光を浴びることでも作られるものですが、花粉症の方は沢山の量を摂る必要があります。

②タンパク質をしっかり摂る。これは出来れば肉や魚などの動物性タンパク質をしっかり摂るようにしてください。

③腸内環境を整えるためには、乳製品よりも食物繊維の方がオススメ。乳製品はアレルギー体質の人には良くないこともあり、しかも食物繊維は善玉菌の餌になるため、こちらの方がオススメ。

④小麦粉と乳製品(チーズ、牛乳、ヨーグルトなど)はなるべく摂らないようにする。乳酸菌などを摂りたい場合は、ヨーグルトよりも漬物やキムチなどがオススメ)今までヨーグルトは花粉症に良いという話がありましたが、大丈夫でない人もいるということは驚きですね。

⑤脂は良質なものを選ぶ(オメガ3系と言われるもの)

⑥女性はプラス鉄で免疫力UP、男性はプラス亜鉛で粘膜が強化されます。

⑦糖質は控えめにする。

 

以上が花粉症を改善するポイントとなります。この中で著者が一番訴えているのはビタミンDです。そして小麦粉は摂らない、乳製品も控える。この点を押さえながら、タンパク質をしっかり摂るという生活がいいと思います。

 

私も今年はビタミンDで花粉症がどうなるか、試してみたいと思います。是非皆さんも腸内環境を整えて、花粉症とおさらばしましょうね。

もっと詳しく知りたい方は

『花粉症は1週間で治る!』をご覧くださいね!

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ

このページの先頭へ