vyPGVCM7UiEk4WFNh3nMsqq0neaqd37YdshgE" />吉祥寺で脊柱管狭窄症でお悩みなら | 吉祥寺の整体|みやびカイロプラクティック療院
吉祥寺エリアHP口コミNo.1。安心の施術料返金保証。子連れOK!土日祝も営業。駐車場完備。内閣府認証日本カイロプラクター認定機構認定院
患者様からの喜びの声 150名突破 安心の施術料返金保証 吉祥寺エリアHP口コミNO1 子連れOK 土日祝も営業 駐車場完備 内閣府認証日本カイロプラクター認定機構認定院

吉祥寺で脊柱管狭窄症でお悩みの方へ

脊柱管狭窄症について説明します。まず脊柱管というのは、背骨の中には神経が通っている空間があります。

それがなんらかの原因で狭くなり、その狭くなった脊柱管が中を通っている神経を圧迫して痛みが出てしまうというものです。

この脊柱管狭窄症は主に高齢者に出やすい病気だと言えます。若い人にはほとんどあらわれません。

症状についてですが、これもいわゆる坐骨神経と言われる症状で、下半身にしびれや痛みが出てきます。

特徴としては、長時間は歩けないけれども、しばらく休むと痛みがおさまりまた歩けるというものです。これを間欠跛行(かんけつはこう)と言います。

だいたい1~2分から、10分程度歩いて休むといった場合が多いようです。その他の特徴としては、前かがみになると症状が楽になることが多いです。これは前かがみになることで、神経の圧迫がゆるくなるためです。

一般的に脊柱管狭窄症の場合、高齢者が多いのですが、長時間歩けないのは歳のせいと思って、放っておかれる方も多いため、発見が遅れる可能性が多くみられます。

このような症状が出た場合は、早めに整形外科などでMRIなどを撮っていただくのが良いかと思います。

当院でも施術により改善は可能ですが、程度によっては医療機関をお勧めする場合もございます。

 

腰痛関連リンク

腰痛の原因

腰痛の予防法

なぜ整形外科では腰痛は治せないのか?

坐骨神経痛(ざこつしんけいつう)とは

椎間板ヘルニアについて

脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)について

脊椎すべり症(腰椎すべり症)とは

消炎鎮痛剤を服用しても慢性の腰痛は改善しません!

女性特有の腰痛

妊婦さんの腰痛の原因

妊婦さんで腰痛をお持ちの方へ

生理と腰痛

タバコと腰痛の関係

牽引治療はしないでください!!

手術は最終手段として

温湿布と冷湿布の使い分け

腰痛ベルトやコルセットについて

腰痛を悪化させる寝具とは

 

予約電話番号

メール問い合わせ

みやびカイロプラクティック療院

〒177-0053
東京都練馬区関町南2-21-8コーポ栗原1階
電話番号 03-5991-9148

吉祥寺駅からの距離 1.5km 

このページの先頭へ