vyPGVCM7UiEk4WFNh3nMsqq0neaqd37YdshgE" />吉祥寺で妊婦さんの腰痛でお悩みなら | 吉祥寺の整体|みやびカイロプラクティック療院
吉祥寺エリアHP口コミNo.1。安心の施術料返金保証。子連れOK!土日祝も営業。駐車場完備。内閣府認証日本カイロプラクター認定機構認定院
患者様からの喜びの声 150名突破 安心の施術料返金保証 吉祥寺エリアHP口コミNO1 子連れOK 土日祝も営業 駐車場完備 内閣府認証日本カイロプラクター認定機構認定院

妊婦さんの腰痛の原因

妊娠すると腰痛が出てくるという人も少なくありません。これは大きく分けて二つの原因が考えられます。

一つ目は、妊娠に伴って、ホルモンの分泌に関係するもので、もうひとつは、妊娠中の姿勢によるものです。

お腹が大きくなってきて、重心が変わり周りの筋肉や関節に負担がかかります。それが腰痛の原因となります。

妊婦さん

まずホルモンの分泌に関してですが、妊娠中は、「リラクシン」というホルモンが分泌されます。

これは簡単に言うと、赤ちゃんが大きくなるにつれて、

骨盤も開いていくように、骨盤を支えている靭帯などがこのホルモンの影響でゆるんでいくんです。

それにより、骨盤が開き、出産に備えるということなんですが、この時、今まで骨盤を支えていた靭帯がゆるむことで、

骨盤が不安定になり、周りの筋肉や関節に今まで以上の負荷がかかってしまい、

それが原因で腰が張ってしまったり、腰痛が出たり、その他にも股関節痛、恥骨痛など、今まで出たことのない痛みが出てきたり尿もれなどが起こったりします。

次に妊娠中の姿勢に関してですが、これは特に、慢性の腰痛を持っていた方が、更に痛みを増してしまう例が多いと感じます。

もちろん妊娠してお腹が大きくなり、お腹を突き出す姿勢が腰に負担になり、腰痛になるケースも非常に多いです。

しかし妊娠中は、マッサージなど受けることが出来ないところも多く、妊婦さんにとってはつらい時期と言えるでしょう。

ではこれらの妊娠中の腰痛に対してどう対処するかですが、一般的にはやはり、ある程度筋肉を鍛えておく必要があります。

歩いたりして、筋肉を動かし、体全体の血流を良くするといいでしょう。

また市販されている骨盤ベルトなどをつけるのも一つの方法です。ただしこれは付け方など間違ってしまうと効果がなかったり、つけすぎることで骨盤周りの筋肉が弱ってしまう可能性があるため注意が必要です。

しかしつらくて歩くのも難しいという場合はやはり、妊婦さんが対応出来るところで施術を受けることが一番だと思います。

当院では、今までにも数多くの妊婦さんがご来院され、症状を改善され無事皆さん出産されております。

ご心配な点などございましたら、ご相談からでも結構ですので、一度ご相談くださいね。

 

腰痛関連リンク

腰痛の原因

腰痛の予防法

なぜ整形外科では腰痛は治せないのか?

坐骨神経痛(ざこつしんけいつう)とは

椎間板ヘルニアについて

脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)について

脊椎すべり症(腰椎すべり症)とは

消炎鎮痛剤を服用しても慢性の腰痛は改善しません!

女性特有の腰痛

妊婦さんの腰痛の原因

妊婦さんで腰痛をお持ちの方へ

生理と腰痛

タバコと腰痛の関係

牽引治療はしないでください!!

手術は最終手段として

温湿布と冷湿布の使い分け

腰痛ベルトやコルセットについて

腰痛を悪化させる寝具とは

 

予約電話番号

メール問い合わせ

みやびカイロプラクティック療院

〒177-0053
東京都練馬区関町南2-21-8コーポ栗原1階
電話番号 03-5991-9148

吉祥寺駅からの距離 1.5km 

このページの先頭へ