寝違えの患者さん

| | トラックバック(0)

今日は寝違えの患者さんがご来院されました。

 

寝違えと言っても、実際に起きたときに首が動かなくなるというより

首が徐々に痛みがまして来て、寝違え状態になった感じなのですが、

左に向くのが特に辛い状態でした。

痛みとしては左首が強く痛む感じ。

 

こういった場合、まず注意しないといけないのは

首が痛いからといって、首をもんでは行けません。

この患者さんは、昨日の夜に、お風呂に入りながら

首をマッサージしたようですが、

 

これをしてしまうと、首に起こっている炎症が悪化して

余計に痛みが増す可能性が高くなるため、

絶対に揉まないでください。

 

このような寝違えの患者さんが来院されると、

まず脇周り、肩甲骨周りの筋肉を調整し、

緩めていきます。

 

これをするだけでも、8割がた、首の動きは改善します。

そして、全身の調整を行い、動きとしてはかなり改善されました。

 

もちろんこういった寝違えの場合は、筋肉の炎症が引かないと

痛み自体はなくならないので、

しばらくは少しは痛みも続きますが、

大抵の方は、施術によって、痛みもかなり軽減します。

 

よく寝違えをしてしまう方は、普段から慢性的に

首や肩、背中などが強く凝っていたりするケースがほとんどです。

そのような方は是非定期的なケアをお勧めいたします。

 

ということで、今日も皆さんお疲れ様でした。

おやすみなさい!!(^-^)/

 

*************************

当院では体の歪みを矯正し、根本的なお体の改善を
目的とした施術を行なっております。

腰痛・肩こり・骨盤矯正など何なりとご相談ください!

■吉祥寺整体 みやびカイロプラクティック療院

(住所)東京都練馬区関町南2-21-8コーポ栗原1階

(TEL) 03-5991-9148

(営業日時)平日10時~21時 土日祝10時~17時

(URL)https://www.miyabi-chiro.com/

*************************

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 寝違えの患者さん

このブログ記事に対するトラックバックURL: https://www.miyabi-chiro.com/mtos/mt-tb.cgi/1929

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.23-ja

このブログ記事について

このページは、冨士本英昭が2015年10月17日 15:44に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「那須旅行行って来ました!!」です。

次のブログ記事は「食欲が出てきました。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。