vyPGVCM7UiEk4WFNh3nMsqq0neaqd37YdshgE" /> 骨粗鬆症を防ぐ方法 | 吉祥寺の整体|みやびカイロプラクティック療院
吉祥寺エリアHP口コミNo.1。安心の施術料返金保証。子連れOK!土日祝も営業。駐車場完備。内閣府認証日本カイロプラクター認定機構認定院
患者様からの喜びの声 150名突破 安心の施術料返金保証 吉祥寺エリアHP口コミNO1 子連れOK 土日祝も営業 駐車場完備 内閣府認証日本カイロプラクター認定機構認定院

骨粗鬆症を防ぐ方法

骨粗鬆症でもっとも重要なのが、カルシウムです。カルシウムが不足すれば、骨密度が下がり、骨粗鬆症になりやすくなります。

簡単に骨について説明します。

骨はいわゆる、カルシウムを貯蔵しているタンクだと想像して下さい。

骨にはカルシウムが貯蔵出来るので、たくさんカルシウムを摂取すれば、骨密度を増やすことも出来ます。

つまり外からカルシウムをたくさん摂取出来れば、貯蔵出来ますが、逆に、摂取量が減ってしまえば、骨からカルシウムが失われていくことになりますので、どんどん骨密度が低くなってしまいます。

ですから、カルシウムの摂取は絶対に必要な条件になってきます。

さて次にカルシウムの取り方についてのポイントですが、例えばサプリメントなどで補う場合、一度に一日の量を飲んでしまっても、あまり効果がありません。

カルシウムは一度に吸収されるわけではないので、一日に数回に分けて摂取するといいでしょう。

またより良く吸収させるためにはビタミンD・ビタミンKというのも必要になります。そして骨の構成要素であるコラーゲンの吸収を高めるためにビタミンCが必要になってきます。

そして特にカルシウムを吸収させるためには「紫外線」が必要になります。ですから日光に当たらない生活をしている人は骨が弱くなってきます。

もし骨粗鬆症が心配な方は特に日光に当たることをお勧めします。

ではどれくらい日光に当たればいいか?これは一度に大体15分から20分くらいが良いと思われます。

ただしこれ以上日光に当たっていると、今度はビタミンCが破壊されていくのです、ですから日光の当たりすぎの心配がある場合は特にビタミンCをとる必要もあります。

 

予約電話番号

メール問い合わせ

みやびカイロプラクティック療院

〒177-0053
東京都練馬区関町南2-21-8コーポ栗原1階
電話番号 03-5991-9148

吉祥寺駅からの距離 1.5km 

このページの先頭へ