吉祥寺エリアHP口コミNo.1。安心の施術料返金保証。子連れOK!土日祝も営業。駐車場完備。内閣府認証日本カイロプラクター認定機構認定院
患者様からの喜びの声 150名突破 安心の施術料返金保証 吉祥寺エリアHP口コミNO1 子連れOK 土日祝も営業 駐車場完備 内閣府認証日本カイロプラクター認定機構認定院

帝王切開でも骨盤矯正は必要です

よく帝王切開の場合は、「出産の際に骨盤の負担がないから産後の骨盤矯正はしなくても大丈夫ですよね!?」と言われることがあります。

確かに出産の際のダメージを受けるリスクは、自然分娩の方に比べると低いのは確かです。

しかし、骨盤のゆがみに関しては、自然分娩の方と同様にゆがみは生じます。

理由は、妊娠すれば骨盤を固めている靭帯がホルモンにより緩んでいきます。出産に向かって徐々に靭帯は緩んで、出産後、それがまた戻ってきて、通常の骨盤の状態に戻るわけです。

つまり帝王切開であろうと、自然分娩であろうと、骨盤の緩みは当然起こるため、骨盤がゆがむリスクは、全く同じと考えられます。

また産後は特に、育児などに意識が行ってしまい、自分の体や姿勢などはおろそかになりやすいため、普段よりも骨盤などの体のゆがみが生じやすくなります。

ですから、特に産後はある程度しっかり骨盤矯正を含めた、体の調整がより必要になってくるわけです。

私は帝王切開だから大丈夫と思わず、骨盤矯正などきちんと産後のケアをしてあげてくださいね。

 

骨盤矯正についての関連記事

ストレッチ

骨盤はどのようにゆがむのか?

骨盤のゆがみをチェックしましょう!

骨盤矯正による定期的なメンテナンスを!

妊娠中の骨盤矯正

産後の骨盤矯正の必要性

帝王切開でも骨盤矯正は必要です

産前産後で恥骨痛がある方へ

不妊症と骨盤矯正

生理痛をカイロプラクティックで改善しましょう

骨盤矯正とダイエット

骨盤矯正ベルトについて

 

予約電話番号

メール問い合わせ

みやびカイロプラクティック療院

〒177-0053
東京都練馬区関町南2-21-8コーポ栗原1階
電話番号 03-5991-9148

吉祥寺駅からの距離 1.5km 

このページの先頭へ