首肩の強いコリと腰痛でお悩みの40代男性

今回は右側の首コリと肩コリ、そして右側の腰痛に悩む40代男性の患者さんの症例をご紹介いたします。

この方は7年ほど前から、右側の首、肩、腕の痛み、そして右の腰に痛みやコリを感じられていました。

またふくらはぎが全体的に張っている状態でした。

特に片側に痛みが集中している場合は、体のゆがみが強く影響していることが考えられます。

この患者さんは今までにも整体やカイロプラクティック、鍼灸、マッサージなど通われた経験があり、どこに行ってもその場限りで、なかなか良くならない状態だったそうです。

姿勢を見ると、左肩が右肩よりも1㎝ほど高く、腰骨も左の方が1㎝ほど高くなっていました。臀部は右の方が左よりも盛り上がり、お尻の下のくびれは左が右よりも高い状態で、

骨盤のゆがみが強くはっきり出ていることがわかりました。また首もねじれが出ている状態でした。

施術は、背骨の調整から始まり、肩甲骨の可動域を上げていく手技、うつぶせになってもらい、股関節の調整を行い、脚の可動域も広がってきました。

そのあと、カイロプラクティックによる骨盤の矯正、そこから仰向けになり、足首の調整、股関節の調整、手首から腕の調整、最後にカイロプラクティックによる首の矯正を行いました。

施術後には、首や肩もかなり楽になられたようで、今までいろいろ施術を受けた中でも一番楽になったとおっしゃっていただきました。

施術後は肩の高さがそろい、腰骨も同じ高さになり、骨盤のゆがみも取れていました。

2回目は4日後の施術で、前回の後、今までの整体ならいい状態が続くことがなかったそうですが、

当院で受けたあとは、悪化することもなくいい状態を維持できたようです。

その後4日おきに2回施術して、普段の生活で今まで辛かった、片側の痛みやコリが取れて、ずいぶん楽に過ごせるようになったとのことです。

7年前から、辛さが続いていたので、今後もしばらくは定期的に通いながら、お体のメンテナンスをしていかれる予定です。

同様に体の片側が主につらくなる場合は、体のゆがみが影響しているケースがほとんどです。同じ悩みをお持ちの方は是非一度ご相談ください。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ

このページの先頭へ