顎関節症で奥歯が当たって痛い

先日首の痛みと顎の痛みでご来院された患者さんのお話です。

 

初回の施術で首はかなり楽になられたようで、喜んでいただきましたが、顎がおかしい状態がまだ続いているようで、奥歯が当たると、痛みが出るという状況でした。

 

ただ前回施術後はしばらく痛みがなかったので、おそらく虫歯など歯の影響はないと考えられたため、今回は顎関節を直接施術することになりました。

 

顎の歪みを正す矯正などを一通り行ない、リンパの流れなども調整し、通常であればこれでほとんどの場合、改善がみられるのですが、

 

今回の患者さんの場合は、それでもまだ歯が当たって痛いという感覚が残りました。

 

そこで普段はやらないのですが、口腔外科で行う施術を試してみました。やり方は手を患者さんの口の中に入れ、両方の親指を患者さんの奥歯に当て、そのまま下げながら手前に引くという手技を行いました。

 

すると今まであった痛みがすっかり改善。指を口に入れるのは、やられる患者さんも抵抗があるので、普段はやりませんが、どうやら結構効果があったようです。

 

顎関節症の場合、口を動かしたり、顎の開け閉めをすると音がなったり、真っ直ぐ開かずに左右に顎がずれたり、顎の開け閉めで痛みが発生したりとさまざまですが、

 

施術を行うことで、改善がみられる方がほとんどですので、もし顎の問題でお悩みの方は是非一度ご相談いただければと思います。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ

このページの先頭へ