膝の痛みの施術ポイント

膝が痛い場合、本当に膝の関節に問題が起こっている人は実は少ないんです。

 

ご年配の女性に多いのが変形性膝関節症ですが、この場合は強いO脚状態になり、しかも膝関節の軟骨が磨り減ってしまうことで、強い痛みが出てしまい歩行困難になってしまいます。この状態では施術しても改善は難しく、一般的には手術をしていくしかないと考えられています。

 

しかし膝に痛みが起こっている場合は、ほとんどの方はこの変形性膝関節症ではなく、膝の周りの筋肉に問題が起こっていて、それが膝にたまたま痛みを起こしていると考えられます。

 

ただ膝の施術を行うのに、膝の周りだけ筋肉を緩めていっても改善しないことが多く、多くの場合は、足首の問題が膝に来ていたり、骨盤の歪みが膝に負担をかけていたりすることが非常に多いのです。

 

膝の痛みの施術ポイントとしてはまず足首です。足首の捻挫を放置していたり、磨り減った靴を履き続けたりすると、足首の問題が起こります。

 

状態としては、足首に力が入りづらい状態ですが、ほとんどの方はそれに気づかず生活しています。そうすると体の土台である足首の問題が原因で、膝に負担をかけてしまい最終的には膝の痛みに発展していきます。またそれに伴い、骨盤のゆがみなども出てきて、体全体のゆがみへと発展してしまうのです。

 

当院の場合、膝痛でお越しいただくと、足首をチェックしきちんと力が入っている状態か確認します。もし足首の力が弱まっていれば、足首を矯正し、しっかり力が入る状態にしていきます。そうすることで、膝の痛みが改善していきます。

 

また膝痛の場合は、骨盤のゆがみも同時に起こっていることが多く、特に骨盤がねじれを起こしていると膝に負担がかかります。

 

そういった足首や骨盤の調整を中心に、体全体のゆがみを矯正することで、ひどいものでなければ1回の施術でも痛みは取れていきます。あとは元に戻らないように、何度か集中的に体の調整を行い、痛みが取れたあとは、定期的なメンテナンスで膝の痛みが出ない状態に持っていきます。

 

ここで注意しないといけないのは、じゃあ膝の痛みがあっても、関節の問題でなければ自然に治るのでは?と思って、放置していくと、いずれは本当に膝の関節の問題に発展してしまいます。そうなっては手遅れですので、膝に痛みが出た時はお早めのケアをご提案させていただきます。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ

このページの先頭へ