腰が曲がってしまった酷いぎっくり腰40代女性

今回はぎっくり腰でご来院された40代女性の患者さんの症例をご紹介します。

 

まずこの患者さんの状況を説明すると、今回ご来院される1年前にも一度ぎっくり腰をしており、その時は2~3日休んでいたら、楽になる程度のものだったそうです。

 

今回は1週間ほど前に、顔を洗う際に、腰にギクッと痛みが走ったそうです。ただ痛みはあるものの、動ける状態だったので、そのまま仕事に行き、立ち仕事をされていました。

 

そして5日前に徐々に痛みが強くなり、それでも仕事を続けながら、なんとかしのいでいたようですが、2日前にくしゃみをした際に、完全にぎっくり腰状態になられました。

 

来院の際には、ご主人に付き添われ、真っ直ぐに立てない状態。腰がくの字に曲がっていて、特に左の腰への負担が強く、ちょっとした動きでも強い痛みを感じるような状態でした。

 

さらに左臀部、や左鼠径部(脚の付け根)にしびれまで出てきた状態で、普段の生活もままならない感じでした。

 

検査すると、背骨が側湾しており(背骨が曲がっている状態)、左肩が右肩よりも高く、腰が完全にくの字の状態。腰の痛みは、左腰に集中していました。

 

まずは、あまり動けないので、立位で体の回旋、側屈の動きと痛みをみて、操体法を使って、改善させました。

 

その後、座位で、これも操体法の一種のIポジションにより、バランスを整えます。そして凝り固まっている筋肉を和らげるために、座位から立位の動きを手伝いながら行い、立った時のバランスが少し改善する。

 

うつ伏せが一応出来る状態なので、股関節と骨盤の動きをつけて終了。痛み自体はあるが、一人で歩ける状態にまで改善する。

 

2回目の施術は翌日に行う。まだ患部の炎症が強く、朝起きる時は辛い状態。歩けるが、やはりまだくの字が完全に改善できていないため、改めて1回目と同様の施術を行う。

 

更に左足の指から、足首の調整、すねの辺りに痛みがあったので、そこの筋膜をはがしていく。それによって、腰部の痛みがかなり軽減、今度は腰もほぼ真っ直ぐな状態に改善する。

 

念のため、翌日も施術、既に昨日と比べて、かなり楽な状態で、歩くことも問題ない状態。ただ少し左の腰に痛みが残っている。

 

3回目の施術で、腰部の痛みはかなり消失。初回では辛そうだった顔にも笑顔が随分もどってくる。

 

今回は、ぎっくり腰でもかなり酷いレベルの患者さんでした。最初の違和感で来院されていれば、大事にはいたらなかったと思うが、違和感の状態で、仕事を頑張ってしまったのが酷くさせてしまう原因となった。

 

そして更に決定打はくしゃみで、これによって完全にぎっくり腰状態、しかも腰がくの字に曲がってしまう状態になった。

 

通常のぎっくり腰であれば、1回の施術でかなり改善出来るが、今回は少し時間が必要だった。ただ集中的に施術を行うことで、早く仕事に戻ることが出来るようになった。

 

今回のことで、お伝えすべき点は、腰に強い痛みが出ている状態で、無理に仕事などで動かさないことです。悪化して体のバランスがおかしくなると、腰だけではなく体全体に問題が発生し、改善するのに時間がかかります。

 

もし腰があぶないと思ったら、無理をせず、早い段階で施術を受けられることをオススメします。そうすれば、より早く楽な状態になることが出来ると思います。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ

このページの先頭へ