ほうれい線に注目して施術する

最近施術をしていて注目するポイントの一つが【ほうれい線】です。

 

ほうれい線を気にするのは、特に女性の方ですよね。なるべくほうれい線が出ないようにお肌のケアをしていく感じですね。

 

私は特に美容については、それほど気にしていませんが、ほうれい線の左右の深さに注意しています。

 

皆さんも鏡で自分のほうれい線を注目してみてください!左右同じ深さであれば問題ありません。ところが、左右どちらかが深かったりすると、少し問題が起こっているかもしれません。

 

それは顎の問題です。

 

顎が左右どちらかに歪んでいると、その歪んだ方のほうれい線が深くなり、反対側が浅くなります。この顎のゆがみはもちろん美容的にも問題と思われますが、それ以上に顎に問題があるとさまざまな体の問題を引き起こします。

 

首の痛み、肩こりはもちろん、めまいや耳鳴り、頭痛、自律神経の問題など、もっと数え切れないほどの問題が発生します。

 

顎の問題の原因の一つとしては、噛みぐせ。左右どちらか片方で主に噛んでしまうことや、頬ずえの癖があったり、歯ぎしりをしていたり、食いしばりがあったり、そういったものが顎の問題を引き起こし、

そこから更に体の問題に発展していきます。

 

当院では顎関節の問題にも注目しながら施術しますので、もし鏡を見て明らかにほうれい線の深さが違う、口元の位置が違うと気づかれた方はご相談くださいね。

 

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ

このページの先頭へ