ひどい腰痛に悩む30代女性

今回ご紹介するのは2年前にぎっくり腰をして、それからずっと腰痛が慢性的に続いていて、たまにひどくなるという30代後半の女性患者さんです。

現在4歳のお子さんがいらっしゃって、週に3回ほど立ち仕事をしていて、腰の曲げ伸ばしがかなり辛くなり当院にご来院されました。

元々ヨガを教えたりしていたが、今は腰痛がひどいために、ヨガをするのも辛いとのこと。

痛みは腰の骨がピンポイントで痛むとのことで、痛みの度合いを確認すると通常の慢性的な痛み以上の痛みを感じられている様子。

検査してみると、まず腰椎が側湾していた。いわゆる腰の骨が真っ直ぐではなくカーブしている状態で、それによりピンポイントでの腰の痛みを感じられているようだった。

腰骨の位置、いわゆるウエストラインの高さが左右で違い、左の方が約1センチほど高くなっている。お尻の下のくびれの位置も左右で違い、左のお尻のくびれがあるのに対して、右のお尻の下のくびれはほぼない状態。つまり骨盤の歪みが強く起こっていた。

うつ伏せで、両脚を開いたところ、開き方に大きな違いがあった。このため骨盤のねじれも強く出ていることがわかった。

施術は座位で上半身の歪みを調整し、肩甲骨周りを緩める。また手や腕からの調整も行っていく。これにより肩の可動性が広がる。また頚椎の矯正を行う。

それからうつ伏せの状態から、股関節、骨盤の調整を行う。これにより骨盤周りの筋肉が緩み、股関節の可動性が良くなる。また脚を動かした時の腰の痛みも軽減。

骨盤の矯正を行うことで、お尻のくびれの左右差がなくなり、左右の腰骨の位置がそろった。

1回目の施術後、バランスが改善したことで、腰痛が軽減するが、元々が強い痛みだったため、痛みが3割減ほどにとどまった。

2回目同様の内容の施術を行い、その後今まであった、ぎっくり腰になりそうな痛みは出なくなる。

3回目の施術後には、だいぶ改善がみられ、元々あった痛みの2割程度に減少。まだ腰を反らした時に痛みが残る程度になった。骨盤のゆがみに対する普段おうちで出来るストレッチもこの段階からしてもらうようにした。

その後、普段の生活においてはほぼ問題ないくらいまで、腰痛が改善していく。同時に自分でも体を動かせるようになり、ヨガも再び再開している。

元々は腰痛と肩こりなどもあったが、そちらもそれほど感じなくなっている。

今回の患者さんの場合は、2年前からずっと腰痛がなくならず、それが日に日にひどくなっていました。そこでひどく心配されたようでしたが、施術を重ねることで、日用生活では問題ないレベルまで早い段階でもっていけたと思います。直接の原因は骨盤の歪みで、そこを改善することで楽になられました。

慢性的な腰痛がある方でマッサージなどでしのがれている方も多いですが、それだと骨盤などの歪みは解消されず、その場限りとなってしまいます。もう何年も腰痛が取れないという方は是非一度ご相談ください。

 

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ

このページの先頭へ