ぎっくり腰で真っ直ぐ立てない50代女性

今回はぎっくり腰になってしまい、真っ直ぐ立てず、どんどん痛みが激しくなり我慢できずご来院された50代女性の症例をご報告させていただきます。

 

まずぎっくり腰になった経緯は、ご来院される前日、右腰に急に痛みが来たそうです。

そこで安静にしていたそうですが、次の日にどうしても出かけないといけない状態で、無理に吉祥寺に来られたそうです。

 

その後用事は終わったものの、その頃には真っ直ぐ立つことも出来ず、体が曲がった状態で、今度は左腰に強い痛みを感じ、どうしようもない状態で当院を見つけ、ご来院されました。

 

来院された時には、腰を伸ばすのが困難な状態で、左腰に強い痛みを訴えておられました。

 

施術はまずは立位の状態で強く緊張した筋肉を緩めるところからスタートします。

 

左右体をひねり、どちらに行きやすい、行きにくいかを確認し操体法にて、行きやすい方向に体を優しくひねっていきます。

 

痛みの出ないように注意しながら脱力していただくと、左右の歪みが取れていき、左右均等に体をひねることが出来るようになりました。

 

今度は左右に上半身を倒していきます。これもどちらか行きにくい方、行きやすい方を確認し、今度は骨盤周りの筋肉を立位で調整し、改めて左右に倒してもらいます。

 

施術後、左右へ倒す動きも均等になり、腰の緊張も3分の2ほどに軽減します。

 

次に施術ベッドに座っていただき、腰の筋肉を抑えながら立ったり座ったりを行っていただきました。

 

最初は真っ直ぐ立つことが出来ませんが、繰り返していくうちに、すっと真っ直ぐに立ってるようになってきます。

 

ある程度真っ直ぐ立つことが出来るようになり、歩行もしやすくなった段階で今度はうつ伏せになってもらい、股関節周りの調整を行います。その後仰向けになり、操体法によるつま先上げ操法、脊柱圧操法を行い、更に緊張が和らぐのを実感していただきました。

 

その後骨盤周り、腰椎のあたりの筋肉の緊張を取る施術を行い、再び立っていただくと、かなり楽になられた様子でした。

 

自然と喜びの笑顔が出てきて、本当に1回でここまで楽になれるのかと、驚かれました。

次の日、再びご来院されましたが、昨日と比べてかなり楽になった様子で、そこから1回目と同様の施術を行いました。

 

施術後には、痛みもかなり取れ、違和感と張りが少し残る程度で、その変化に改めて驚かれていました。

 

ぎっくり腰の場合は、一般的には安静にするという考えもありますが、あまり安静にしすぎると、筋肉が固まってしまうため、回復するのに時間がかかります。

 

ただし、体が真っ直ぐ立てなかったり、きちんと普段通りの姿勢で歩けない場合は、無理をすると腰だけではなく、体中に緊張が伝わり、更に悪化してしまうおそれがあります。

 

当院ではまず体のバランスを改善した上で、体を動かしながら緊張を取るため、患者さんにも負担がかからない施術になっています。

 

ぎっくり腰でお困りの方、またはぎっくり腰をしてなかなか改善しないという方は是非ご相談ください。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ

このページの先頭へ