過去は変えられるが未来は変えられない!?

これは、僕が既に紹介している齊藤一人さんからのお話です。

僕自身、衝撃を受けた内容です。

 

「過去は変えられるが、未来は変えられない」

 

一見、間違っていると思われる内容ですよね。

 

過去は既に起こったことだから変えられるわけがない。

未来は今から起こることだから、いろいろ変えられる。

 

それが当たり前です。

 

過去に起こったこと自体の事実は変わりません。

でもそれに対して自分の想いは変えられます。

 

例えば、僕の話で言うと、

大学を卒業してから、住宅メーカーに勤めました。

毎日朝から夜中まで仕事をして、休みも出勤させられ

毎月ノルマに追われ、上司には怒鳴られ、

たった1年ちょっとで、精神的に壊れそうになりました。

 

あとにも先にも1度だけ、この頃

「死んだら楽かも・・・」とまで思うようになりました。

 

それほど辛かった想い出です。

ひどい過去だと思えば、それまでで、その1年間ちょっとは

自分にとって暗黒の時代と言えるでしょう。

 

でも、今の僕の考えは違います。

 

この頃のひどい時期があったから、

・今の仕事が週一の休みに関わらず、あまりにも楽で、楽しく幸せである。

・仕事を辞める決心がつき、東京に出てくることで今の妻と出会えて幸せである。

・仕事を辞めて、世界中を旅する仕事に出会えて、人生観を変えることが出来、幸せである。

・仕事の目的が、お金を手に入れることだけではなく、仕事そのものを人生の喜びと思えて幸せである。

 

こんな風に今の自分にとっては、このひどい時期がなければ今の幸せがないと確信しているのです。

 

つまり、どんな過去でも、今の自分があるのは、その過去があるからなのです。過去を否定しつづければ、今の自分を否定することになります。今の自分を否定すれば、幸せにはなれません。

 

過去の出来事をプラスにとらえることで今を幸せに変えることも可能だと思うのです。

 

過去の嫌な出来事をプラスに変換することが出来れば、今の自分が幸せに感じられ、今が幸せと思い、さらに現状に対して感謝することが出来れば、未来はずっと幸せでい続けられると思うのです。

 

難しいことだとは思いますが、そんな風に考えてみてはいかがでしょうか?きっと素敵な未来が待っているはずです。

 

 

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ

このページの先頭へ